出会いを制する

【男性向け】恋愛上手になれる「積極的」と「ガツガツ」の使い分け

根本
根本
どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔(ねもとなおゆき)です。

女性を口説くには「積極的」な姿勢が大切だ!と一度や二度聞いたことがあるかもしれません。

ただし、「積極性」を履き違えると、単なる「ガツガツ」したアプローチとなってしまい、女性に嫌われる場面も少なくありません。

「積極的なアプローチ」と「ガツガツしたアプローチ」は表裏一体で使い分けが非常に難しいのが現実です。

そこで今回は、恋愛上手になるために避けて通れない「積極的」と「ガツガツ」の違いについて考察したいと思います。

ここで学べること

  • 恋愛上手の男性は「行動量」と「成功体験」が伴う
  • 「積極的」と「ガツガツ」は紙一重
  • 出会いに場所によって、「ガツガツ」アプローチはOK

↓↓もうチェック済みですか?↓↓

恋愛上手の男性は「行動量」と「成功体験」が伴う

「失敗は成功のもと」といいますが、多くの行動があってこその良い結果が出ます。

「女性から距離を取られた」「既読無視された」「デートの誘いに失敗した」などの失敗を通して肌感覚で女性心理を学んでいくことは多いです。

いくら教科書で知識だけを学んでも“行動量”が伴わないと、スキルが定着しにくいのです。

さらに恋愛上手になるには「行動量」だけでは足りません。

何が必要なのか。

ズバリ、「成功体験」です。

闇雲に行動を続けて“失敗”を重ねていくと、“苦手意識”が芽生えてしまうからです。

苦手意識は一歩踏み出す勇気を徐々に削り取っていき、行動するエネルギーを奪います。

「短期間で理想の彼女ができる」「周りが羨むような女性にモテる」などの成功体験ができてくると、逆にエネルギーが注入され、どんどん行動したくなります。

恋愛上手の男性「行動量」だけでなく「成功体験」が大切

根本
根本
“成功体験”を掴むことで、さらに“行動量”が増える好循環が始まります。

その結果、自然と女性に対して“積極的”な態度を取れるようになります。

これは偽らざる事実です。

▲目次へ戻る

恋愛における「積極的な態度」と「ガツガツした態度」とは?

積極的な態度といいましたが、ここには落とし穴があります。

女性の気持ちを度外視した積極性は、一転して「ガツガツした」アプローチに変換されます。

根本
根本
「うわっ!この男性無理かも……」という女性の反応が増える要因です。

「積極性」と「ガツガツ」は紙一重。

これはシンプルに「女性心理」に沿った行動か否かの違いに過ぎません。

積極的なアプローチ→女性心理に沿ったアプローチ

ガツガツしたアプローチ→女性心理を無視したアプローチ

※どちらも行動量は同じ

男女において恋愛感情に至る過程に違いがあります。

簡単にいうと、男性は恋愛感情に達するスピードが早く、女性は時間を要する傾向が強いのです。

女性の気持ちが徐々に恋愛感情を温めていく要因は、男性との「共感・プロセス」を重視するためといわれています。

根本
根本
どちらかというと、男性は視覚的な一面があり、超絶好みの女性がいるだけで一気に恋に落ちることがあります。

女性の恋愛感情の秘密は、次のコラムを参照ください。

女性の恋愛感情を紐解く3つのポイント!男女でここまで違う心理を解説女性の“恋愛感情”をうまく引き出すことが彼女づくりの最短ルートです。 秘密は「共感」「プロセス」。男女での恋に落ちる時間が異なり、ミスギャップが起こりがちです。3つのポイントを紐解き、ライバルを出し抜く秘訣を解説します。 ...

「急がば回れ」精神で確実に意中の女性を射止めたい場合は、女性心理から逆算したアプローチが鍵になります。

積極的なアプローチは、常に女性の気持ちを理解した行動なのです。

女性へのアプローチについては次のコラムが参考になります。

年下女性と付き合うアプローチ!「失敗しない」ための黄金ルールを全公開 ここで学べること アラサー世代、特に30代男性が年下女性から人気の理由 年下女性狙い!失敗しない7大アプロー...

▲目次へ戻る

「ガツガツした態度」は場所で使い分ける

大体の恋愛コラムはここで終了します。

しかし、私は声を大きくして伝えたい!

根本
根本
何でもかんでも「ガツガツした態度」を悪者にするな!

女性心理を大事にすることは良いのですが、女性の性格は千差万別。

ぶっちゃけて、「積極的に行動したと思ったのに、結果的に「ガツガツ」してた!」なんてことは日常茶飯事。

あまり「女性心理」「女性心理」「女性心理」……と念仏のように唱えすぎても、ストレスが溜まるだけです。

失敗を極度に恐れずに、当たって砕けて、うまくいかなかったら分析して次に生かす。

躊躇して二の足を踏むぐらいだったら、結果的に「ガツガツした態度」でもOKです。

しかし、1点だけ注意点があります。

ガツガツした態度で女性の地雷を踏んでしまい、日常生活に支障が生じると大変です。

そこで僕からは、出会いの場所によってアプローチを使い分けることをオススメしています。

▲目次へ戻る

「会社」「コミュニティ」「友人の紹介」「合コン」は慎重に

特に「会社」「コミュニティ」「友人の紹介」「合コン」の4つは「ガツガツした態度」は控えましょう。(女性心理を徹底的に意識してアプローチしてください。)

根本
根本
なぜなら、上記の4つは匿名性が低く、身の回りの女性から嫌われると日常生活が送りにくくなります。

女性の“脈あり”サインを受けて、「イケる!」と確信するまでは無茶な行動はしないこと。

根拠のない勇気は自爆して、「キモい」男性の烙印を押されてゲームオーバーです。

会社内では嫌な噂が蔓延し、コミュニティでは「ガツガツした」嫌な男性扱いされる危険があります。

呼ばれた合コンで一人暴走して、同性である男性からも嫌われることもあります。

もちろん、積極的とガツガツは紙一重なのですが、慎重に相手との距離を縮めていきましょう。

特に警戒心が強い女性に対しては、細心の注意が必要です。

【避けられる前に】警戒心の強い女性に安心感を与える方法とは?警戒心の強い女性へのアプローチは細心の注意が必要です。警戒心の網をかいくぐり、女性との距離を縮める5つの実践方法を解説します。男性の「言動」や「態度」に敏感にならざるをえない背景を持ち、その気持ちを無視すると失敗します。...

距離を少しずつ縮めるために、普段のコミュニケーションでモテる「話し方」女性の「褒め方」を学ぶのも、効果抜群です。

モテる男の話し方パターン別15選!初対面の女性を鷲づかみにする「JAIDCAの法則」モテる男の話し方を効果がある全15選を専門家解説。初対面の場面では、「警戒心を解く」「興味を引き出す」2パータンの使い分けが鍵。本や雑誌に載っているノウハウがなぜ役に立たなかったのか?独自理論のJAIDCAの法則で説明します。 ...
【保存版】女性を褒めるコツ7つの習慣!褒め上手の男性が使う言葉と使い方「褒め上手はモテる」恋愛の鉄則です。しかし褒め方は奥が深く、勘違いテクニックが蔓延し、女性から「恋愛対象外」の烙印を押されています。女性の反応が劇的に変わる「女性を褒めるコツ」7つの習慣を専門家が徹底解説します。褒め方を学び恋愛を制しましょう。相澤 ...

女性との関係性を構築する前に、一気に距離を縮めすぎないように細心の注意を!

女性との距離の縮め方で9割決まる!異性として見られる7つの工夫女性との距離の縮め方7つの工夫を専門家が解説。意中の女性と付き合うためにはちょっとした工夫が必要。「友達から彼女に変わる距離の縮め方」「いい人止まりになる」「距離感が難しい」の悩みを解決するコラム...

▲目次へ戻る

「婚活パーティー」「街コン」「異業種交流会」はガツガツOK

逆に「婚活パーティー」「街コン」「異業種交流会」の一期一会の出会いは、少々がっつくぐらいでOK。

一期一会→一度きりしか会わない出会いのため、嫌われても日常生活に支障が出にくい

女性にとって、短時間のうちに多くの男性から一斉にアプローチされるため、印象に残らなければ話になりません。

下の図は「いい人止まり」の男性の境界線を示したものです。

「ウザイ人」と「好きな人」は、いっけん対極にあるようですが、実は些細な違いなのです。

多くの女性が一同に集まる場において、全員から好かれる必要はありません。

そのためには多少リスクを取らないと、女性の目にはなかなか止まらないでしょう。

基本的には二度と合わない女性がほとんどなので、嫌われることを恐れては結果が出ない場所なのです。

婚活パーティーや交流会などの女性参加費は男性と比べると格安です。

そのため、いい男性がいなければ「また次回に参加しよ……」と切り替えやすいので、とにかくインパクトを与えないとダメです。

◆出会いの場所について、まとめて知りたい方は次のコラムをチェック!

社会人の出会いの場メリットデメリット11選を専門家が解説します。社会人の出会いの場所11選メリットデメリットを徹底解説。「職場に女性がいない」「真剣な出会いを探している」男性は多いです。街コン、パーティー、アプリ、友人紹介など彼女ができる最適な出会い方を学べます。...
【出会いがない男性向け】恋人が見つかる場所11選を専門家が採点出会いがない男性向けに、恋人が見つかる場所11選をガチ採点しました。机上の空論ではない生の体験談で、男性の彼女づくりをサポートします。「自宅と職場の往復ばかり」「飲み会に誘われない」「周りが結婚し出した」そんな悩みを吹き飛ばしたい方は要チェックです。...

▲目次へ戻る

量は質を凌駕する

“量は質も凌駕する”のは恋愛にも当てはまります。

行動量を増やしていく中で、徐々にコツやツボを学んでいき、自然に「ガツガツ」から「積極的」に変化していく過程が望ましいです。

少々強引なアプローチや口説き方で失敗をしても、最後に良い恋愛を成就させれば、何も問題ありません。

そのためにも、必ず「意中の彼女をつくる」「モテる」成功体験を積みましょう。

今を充実させられれば、過去の失敗談もすべて笑えます。

逆にずっと結果が出ずに悶々としていると、過去の出来事を恨んだり、誰かのせいにしたりする思考に結びつきやすいです。(その結果、非モテ路線を歩んでしまう)

行動量を増やせば、必ず失敗は増えます。

女性に取って「ガツガツ」した男性と一歩引かれることもあるでしょう。

しかし、そう言った経験を踏まないと、女性との距離感や地雷ポイントが肌感覚で身につきません。

試行錯誤を繰り返す中で、自然と女性が求める“積極的”な対応ができるようになります。

“量は質を凌駕する”をぜひ頭に刻み込みましょう。

▲目次へ戻る

まとめ

本日は恋愛上手になれる「積極性」と「ガツガツ」の使い分けについて考察しました。

女性が「積極的」と感じるのか、「ガツガツしてる」と感じるのかは、個人差があり明確な線引きができません。

微妙な女性の気持ちをキャッチできるようになるには、行動量しかありません。

さらに行動量を増やすだけでなく、成功体験を積むことで自信が芽生えて、恋愛上手に変身していきます。

そのための具体的なノウハウは当コラムで多く発信していますので、ぜひ参考コラムもお読みください。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

【まず初めに読んでほしい記事】

▶︎「まず初めに読んで欲しい記事」はこちらをクリック

この記事を読むと、「なぜ恋愛/婚活に真剣に取り組むべきなのか?」が明確になります。

※クリックするとページに飛びます。