出会いを繋げる

【周りと差がつく】女性をいじる3大ルール!距離を一気に縮める秘訣

根本
根本
どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔(ねもとなおゆき)です。

うまく「いじる」男性は短い時間で一気に距離を縮めることが可能です。

ただし、使い方を間違えると一気に「キモい」判定を出されるので諸刃の剣でもあります。

そこで本日は、周りの男性と差がつく!女性を効果的に「いじる」方法を解説します。

ここで学べること

  • 上手に「いじる」コツ
  • 距離を一気に縮める「いじり方」

↓↓もうチェック済みですか?↓↓

「女性をいじる」メリットとは?

モテる男性を観察すると、とにかく「女性のいじり方」が上手です。

彼らは、女性との距離感を縮めるコツを知っています。

「いじり方」を知っていると、他の男性を出し抜きやすく、有利に恋愛を進めることができます。

まずは3つのメリットをご紹介します。

「いじる」3つのメリット
  1. 主導権を握れる(舐められない)
  2. 話しやすい男性と認識される
  3. 真面目な会話が伝わりやすい

▲目次へ戻る

主導権を握れる(舐められない)

女性を「いじり」が上手い男性は、恋愛において主導権を握れます。

「堂々としている」「自信がある」ように見せる効果があり、精神的な余裕を女性に与えやすいのです。

根本
根本
プライドの高い女性、容姿の良い女性は普段から「褒められ」慣れしているので、「イジり」が有効に働く場面は多いです。

「女性に舐められる」ことが激減し、彼女づくりにおいてはぜひマスターしたい要素でしょう。

▲目次へ戻る

話しやすい男性と認識される

日々コミュニケーションを取るなかで、徐々に関係性を縮めていくのが“一般的”です。

ただし、時間を要し、骨が折れる作業なのは否めません。

彼女づくりにおいて、なるべく短期間で成功させたいのが男性の本音でしょう。

根本
根本
そこで役に立つのが上手な「いじり方」です。

男性自らがリスクを背負い、相手との“見えない壁”を叩き壊すため、一気に距離を縮めることが可能なのです。

壁を取っ払えさえすれば、相手の地雷を見極めながら「恐る恐る」のコミュニケーションは不要になりますからね。

上手に「いじる」ことで、短期間で打ち解けることができ、女性に「話しやすい男性」と認識されやすいメリットがあります。

▲目次へ戻る

真面目な会話が伝わりやすくなる

ギャップを見せられる男性は、女性の心を揺さぶりやすいのは事実です。

普段は軽口を叩く男性が、いざという時、真剣な表情で真面目な会話をするからこそ、伝わりやすくなります。

女性との会話で「ON」と「OFF」を使い分けることで、ギャップを生み出し、会話に変化が生まれます。

真剣にメッセージを女性に伝えたいとき、「いじり」をうまく活用しましょう。

女性をいじった後、急に真剣な雰囲気に切り替え、メッセージを伝えるのです。

根本
根本
これが使いこなせれば、メッセージがより女性に“刺さり”やすくなります。

▲目次へ戻る

女性をいじる3大ルール

「いじる」メリットを伝えてきましたが、当然注意しなければいけないポイントがあります。

「いじる」方法を間違えると、単なる「悪口」になってしまい、評価を下げてしまうからです。

最悪のケースでは、「単なる失礼な人」と判断されて、距離を置かれることもあります。

根本
根本
だからこそ「いじる」行為はぜひ使ってほしいのです。

リスクがあるからこそ、大きなリターンを得ることができます。

大きな“見返り”があるからこそ、実践する価値はありません。

そこで女性を「いじる」3大ルールをご紹介します。

ルールを知ることで、失敗確率を大幅に下げることが可能になります。

「いじる」3大ルール
  • ルール1.知り合ったばかりは避ける
  • ルール2.容姿や体型をいじる
  • ルール3.「いじり」と「フォロー」は必ずセット

▲目次へ戻る

ルール1.知り合ったばかりは避ける

「いじる」行為は劇薬です。

女性の警戒心が高い場合は逆効果になりやすく、知り合ったばかりは避けた方が無難でしょう。

「いじる」行為が上手な男性は、実は細かく女性のリアクションに気を配っています。

根本
根本
女性の性格や特徴を見定めるために、細かく反応をチェックしています。

「いじる」ことに許容度があると判断すれば、一気に攻めるのです。

たまに初対面女性に対してガツガツ「いじる」男性がいますが、彼らは「別に嫌われてもいいや」と思っている節があり、意中の女性に対するアプローチとしては適しません。

知り合ったばかりのタイミングでは「いじり」は極力避け、「共感」「同調」に重きを置きましょう。

▲目次へ戻る

ルール2.容姿や体型をいじる

女性のコンプレックスを「いじる」行為はご法度です。

「どうせ私なんか……」と自己評価が低い女性に限って、コンプレックスを隠しながら必死に生きているので、そこを指摘されると傷つきます。

そのため、「容姿」や「体型」をいじる行為は絶対に避けましょう。

「顔立ちがハーフのようだ」「身長が高いね」のように、たとえ褒め言葉であっても本人にとっては「コンプレックス」であるケースがほとんどです。

身体的特徴は地雷を踏みやすいので、特に注意が必要です。

女性と仲良くなれば、許してもらえますが、こっそり女性は傷ついており、異性としては見られない状況を招く危険があります。

▲目次へ戻る

ルール3.「いじる」と「フォロー」は必ずセット

「いじる」うえで絶対的なルール。

ズバリ、「いじる」と「フォロー」は必ずセットで伝えるようにしてください。

これを知っているのと、知らないのとでは結果に雲泥の差が出ます。

根本
根本
「いじる」ことは女性を“落とす”ため、「フォロー」をして“上げる”必要性があります。

いじりが下手な男性は、得てして「フォロー」が出来ておらずに、女性に嫌われて終了です。

ここは絶対に抑えましょう。

▲目次へ戻る

周りと差がつく「いじり方」会話パターン例

周りと差がつく「いじる」会話パターンを確認しましょう。

先ほどご説明したとおり、フォローをセットで行う必要があります。

2パターンを使いこなせれば、女性との距離を短期間で急激に縮めることが可能です。

▲目次へ戻る

パターン1「いじる」+「褒める」

まずは、パターン1です。

最初に「いじる」行為をし、その後に「フォロー」をして褒めましょう。

■会話例(いじる+褒める

女性
女性
最近、健康のために食後に走ってるよー。
男性
男性
100メートルぐらいでしょ?笑(いじる)
女性
女性
それ短距離じゃん笑 2キロぐらいちゃんと走ってるよ!
男性
男性
へぇ!それ絶対に途中でお腹痛くなって歩いてるやつ笑(いじる)
女性
女性
そーならないようにゆっくり走ってるから笑
男性
男性
でもさ、口でいう人は多いけど実際に走ってて偉いね!
女性
女性
そんなことないよ笑

いつまで続くかわからないけどね!

男性
男性
最初の一歩を踏み出すことが大変だからさ!そういうところ凄いね。
女性
女性
ちょっと照れる笑 ありがとう。

このように、あとでしっかりフォローを入れることで、気持ち良い終わり方ができます。

▲目次へ戻る

パターン2「褒める」+「いじる」

続いてパターン2。

先ほどとは逆パターンです。

褒める行為は素敵なのですが、たまに「いじる」ことで会話に変化が出て、コミュニケーションの質を高めることができます。

■会話例(褒める+いじる)

男性
男性
最近休みの日とか何してるの?
女性
女性
カフェ巡りしてて、甘いものずっと食べてる笑
男性
男性
めっちゃいいね!充実してるね(褒める)

ってかずーーっとケーキ食べてそう笑(いじる)

女性
女性
何それ!?笑 食いしん坊みたいじゃん笑
男性
男性
カフェ巡りじゃなくて、ケーキ巡りみたいな笑(いじる)
女性
女性
違うよ笑 ちゃんとカフェが目的だから!
男性
男性
へぇ、そうなんだ笑(いじる)

どっかオススメできた?

女性
女性
近くにね、○○ってお店ができてね……

このように、会話に抑揚をつけることができます。

できれば、最後はポジティブな印象で終わりたいので、「褒める」「共感」「同調」を最後に持ってくると間違いありません。

▲目次へ戻る

まとめ

本日は、周りと差がつく女性をいじる3大ルールを解説しました。

「いじる」ことは恋愛上手な男性の必須ポイントです。

ここをうまく使いこなすことができれば、短時間で一気に関係性を縮めることができます。

ただし、相手を不快にさせたり、傷つけたりする危険を伴うため、諸刃の剣です。

リスクがある分、リターンが大きく試す価値ありです!

ぜひ普段のコミュニケーションに取り入れていきましょう。

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

オンライン相談