出会いを制する

【必読】モテる男とモテない男を分けるのは「振られ方」だ!

根本
根本
どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔(ねもとなおゆき)です。

本日のテーマは「モテる男とモテない男を分けるポイント」です。

アラサー男性
アラサー男性
モテる男とモテない男って結局、社会的なステータスだったり、顔で決まるんですよね?

両者を分けるポイントって明確には何でしょうか?

この疑問に答える記事です。

この記事を読むことで

  • モテる男とモテない男を分けるポイントを知り、恋愛を有利に進めることができます
  • 女性の脈なしサインに敏感になり、振られる確率を劇的に低くします

この記事はスムーズだと2〜3分で読めてしまいます。余裕があれば、関連記事も合わせるとさらに理解度が深まります。

↓↓もうチェック済みですか?↓↓

モテる男とモテない男を分ける「振られ方」とは?

実はモテる男とモテない男は些細な違いだと知っていますか?

ズバリ両者を分けるポイントは「振られ方」に違いがあるだけです。

アラサー男性
アラサー男性
どういうこと??

この意味するところは、モテる男性は、面と向かって女性に振られる「前」にサッと身を引きます。→実際は女性から「拒絶」されているのに、身を引くためにモテない事実が露呈しない。

アプローチ中に女性が「この男性はないわ……」とサインを出せば、男性はサッと身を引きます。要するに、脈なしサイン※の見極めが上手なのです。

脈なしサイン→異性としてみられない、交際相手として考えていない様子

一方、モテない男性は、面と向かって振られる「まで」アプローチを継続してしまいます。→女性に“拒絶”されるまでアプローチを継続するので、モテない事実が露呈してしまう。

女性の脈なしサインに気がつかず、女性に告白をして「振られる」結果を目のあたりにします。

根本
根本
実際のところ、両者ともに女性に“振られている”事実に変わりはないのですが、結果は歴然です。
アラサー男性
アラサー男性
なるほど!モテない男性は最後までアプローチしてしまって、玉砕するんですね……
根本
根本
モテる男性のように、相手に興味がないことを事前にキャッチできれば深入りせずにすむし、無駄に傷つかなくていいですからね。

もちろん、ポテンシャルの高い男性はそもそも「振られにくい」ことは事実ですが、ごくごく一握りです。

モテる男性とモテない男性を分けるポイントは、「振られ方」の問題なのです。

▲目次へ戻る

【脈なしサインを見極めよ】モテる男は敏感で、モテない男は鈍感

「デートの誘いを断られる」「既読無視される」「完全に嫌われる」といった、「振られ方」が悪いと、心にダメージを負ってしまい、「自分はモテない」とセルフイメージが強化されます。

どんどん深みにハマり、非モテ路線を歩むことになります。

女性から面と向かって「振られる」前に、サッと身を引けるように、「脈なしサイン」を覚えましょう。

脈なしサインについては、「対面時」「LINE時」と二つで伝えられる可能性があります。

詳しい解説に関しては、「【専門家解説】女性が嫌いな人に見せる仕草や行動を一気にチェック」を合わせてどーぞ。

【専門家解説】女性が嫌いな人に見せる仕草や行動を一気にチェック「好きな女性に避けられている気がする」意中の相手から嫌われるストレスは想像以上です。女性が嫌いな人に見せるサインを「対面」「LINE」に分けて専門家解説します。自身は大丈夫か?一緒にチェックしましょう。...

モテる男性はとにかく敏感で、モテない男性は鈍感な傾向が強いです。

もちろん、脈なしサインが女性から出る段階で逆転は難しくなるため、それ以前に元の原因を改善する必要があります。

参考までに、脈なしサインを招きがちな女性との接し方を記事にした「【女性との接し方】7つの誤解を解く!モテるアプローチに転換」も合わせてどーぞ。

【女性との接し方】7つの誤解を解く!モテるアプローチに転換女性との接し方は誤解だらけ!7つのポイントを知り、モテる恋愛アプローチへ転換させます。「自然」「安心感」「実は真面目」の3要素が鍵です。思考をアップデートし意中の彼女づくりを有利に進めましょう。...

当サイトでは、「女性との出会い」から「意中の女性と付き合う」までについて、様々なテーマを記事にしています。カテゴリーやタグ欄からご自身にあった記事を見つけることができます。

▲目次へ戻る

脈なしサインが出るまでは、積極的にいくべき

誤解してほしくないのですが、振られないために、消極的な態度になってはいけません。

私はよく「3割バッターを目指せ」と伝えています。

野球用語で「3割バッター」は、10打席中3本の確率でヒット(もしくはホームラン)を放つバッターを意味します。

3割バッターは超優秀なプレーヤーだと認識されます。

彼女づくりも同様で、10回のアプローチで3回うまくいけば大成功です。

何より打席に立てたことが素晴らしく、徐々に男が磨かれていきます。

野球選手であれば、ヒットを打てないと給料を下げられますが、彼女づくりは経験値として積み上がっていくだけですね。

色々な女性と接していると、時には相手から「ウザイ」烙印を押されるかもしれません。

しかし、それはいたって健全であり、何も恥じる必要はありません。

リスクとリターンは常に天秤状態であり、前を向いて行動した自分自身を誇るべきです。

女性心理を理解して、その場で即座に身を引けば良いのですから。

ちなみに「積極的」なアプローチと「ガツガツ」したアプローチの差は、女性心理を理解した行動なのかどうかで決まります。

積極性を履き違えないための秘訣については、「【男性向け】恋愛上手になれる「積極的」と「ガツガツ」の使い分け」もどーぞ。

【男性向け】恋愛上手になれる「積極的」と「ガツガツ」の使い分け彼女づくりで「積極性」を履き違えると、単なる「ガツガツ」したアプローチとなり、女性に嫌われる場面も少なくありません。積極性とガツガツは紙一重。そこで恋愛上手になる正しい使い分け方を解説します。...

▲目次へ戻る

まとめ

ここまでをまとめます。

  • モテる男性は、面と向かって女性に振られる「前」にサッと身を引く
  • モテない男性は、面と向かって振られる「まで」アプローチを継続してしまう

→結果として「モテない男性」は振られる結果が露呈してしまう

  • 振られる前にサッと身を引けるように、「脈なしサイン」を理解すること
  • 脈なしサインが出るまでは積極的にいくべき。10回中3回の成功で超優秀である

モテる男とモテない男を分けるのは本当に些細な違いです。

女性心理を理解して、他のライバルをこっそり出し抜きましょう。

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

オンライン相談