出会いを繋げる

【LINEを改行する人しない人】彼女づくりで大切なのは「相手視点」のワケ

根本
根本
どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔(ねもとなおゆき)です。

本日のテーマは「LINEの改行」です。

実は、LINEを改行するかしないかで、彼女づくりに大きな差がつきます。

「LINEの改行なんて大したことじゃないでしょ?」

「そんな些細なことで、彼女づくりに影響があるなんて大袈裟だな」

という疑問が出てくるかもしれません。

この記事を読むと、ほんの些細な違いで、彼女づくりに大きな「差」がつく理由を解説したいと思います。

LINEに関するテクニックや疑問点、既読スルーを防ぐ方法についても、関連記事を載せておりますので、ぜひご一読ください。

当記事は3分程度で読めます。

↓↓無料で読めます↓↓

LINEを改行する人は彼女づくりを有利に進めることができる

まず、先に結論をいいますが、LINEを改行する人は彼女づくりで一歩リードしています。

そんな単純な問題か?と感じたなら、それは正常な感覚です。

当然、メッセージを改行したからといって、一瞬で女性の心がときめく!なんてことはありません。

ではここで何が伝えたいか?というと、「相手の視点になってメッセージを送れているか?」というポイントです。

文章を相手が受け取った時、女性はどのように感じるか?という視点は非常に大切です。

例えば、LINEを改行しない文章はシンプルに読みづらく、「相手視点」に立っているとはいえません。

長文は相手に与える精神的負担が大きく、さらに「改行もないメッセージ」となると、読む前にゲンナリしてしまいますよね。

すでに彼氏彼女の関係であれば、支障はありませんが、親密度が高くない状態でそれをやってしまうと、見切りをつけられる危険すらあります。

好きな女性が相手だと、なぜか想いが溢れて長文を送ってしまいもの。

特に注意が必要ですね。

LINEの改行という、非常に細かいことですが、そこには「受け取った相手が読みやすいように」という配慮があるのです。(無意識でやっていても)

根本
根本
「LINEの改行ぐらいで、そんなに大きな影響ないでしょ?」と感じる人がいるかもしれません。

確かにその行為自体は些細なものです。

しかし、LINEの返信一つをとってみると、その人が「自分視点」でアプローチしているのか?「相手目線」でアプローチしているのか?が見えてきます。

LINEを改行する人が彼女づくりを有利に進めるのは、「自分視点」ではなく「相手目線」に立ったアプローチができているからです。

ビジネスの世界においても、売れるセールスマンは例外なく、顧客のニーズ(悩みや課題)を満たす人物です。言うなれば、「相手目線」になって商品を提案できる人ですね。

恋愛においても、女性心理から逆算したアプローチは相手の感情を揺さぶる確率が高まるのです。

とはいえ、何でもかんでも「改行」すれば良いということではありません。

目安として、3行に連なる文章を作成したら、改行するようにしましょう。

▲目次へ戻る

「自分目線」が欠如して失敗するLINEテクニック

LINEは気軽にメッセージを送れる便利なツールである反面、思わぬ誤解が生じてしまうことがあります。

熱い想いが空回りして、女性の既読(未読)スルーを招くこともあるでしょう。

「LINEの改行」で伝えたとおり、多くのケースで「自分視点」の独りよがりなアプローチが原因で失敗します。

根本
根本
自分自身、過去に多くの失敗をしました。

そんな経験を踏まえて、既読無視を防ぐ記事を執筆しました。

既読無視をなぜか招いてしまうとお困りの場合は、「LINEで既読無視する女性の本音10選。完全に脈なしなのか?を解説」を合わせてどーぞ。

LINEで既読無視する女性の本音10選。完全に脈なしなのか?を解説 本日は「恋愛相談あるある」の一つ、「LINE既読無視」ついて解説します。 既読無視(既読スルー)とは、文章を既...

世の中には、「相手視点」を考慮して考え出された「LINEテクニック」が多く公開されています。

それなのに、「女性の反応が良くならない」「逆に距離が遠くなっている気がする……」と感じたことはありませんか?

もし、「テクニックがなかなか活かせない」とお困りの場合は、「テクニックが活きない」とお困りの場合は、「モテない男のLINEの裏側を解説。小手先のテクニックが通用しないワケ」も合わせてどーぞ。

モテない男のLINEの裏側を解説。小手先のテクニックが通用しないワケ「モテない男」のLINEには知られざる特徴、あるあるが満載です。 「返信が遅い」「内容がそっけない」などテクニックが通用しない悩みは多いです。顔が見えない分、既読無視(スルー)をされやすく、LINEの裏側を詳しく解説します。...

小手先のテクニックでは逆に女性の評価を下げることにもなります。

これは、女性目線を無視して上部のテクニックに囚われることが原因です。

▲目次へ戻る

LINEの改行以外に彼女づくりで差がつく5つの対策

では、ここからはLINEの改行以外に「相手視点」に立った5つの対策をご紹介します。

ちょっとした気遣いや配慮があるだけで、彼女づくりに差がつきます。

彼女づくりで差がつく5つの対策
  1. 絵文字やスタンプは女性に合わせる
  2. 長文の場合は、二つに分けて送信する
  3. ウケ狙い・未設定・ナルシスト写真は設定しない
  4. 自分が興味のある話題ばかりを伝える
  5. 唐突に「今何してるの?」とは連絡しない

▲目次へ戻る

絵文字やスタンプは女性に合わせる

スタンプや絵文字の使用頻度は女性によってバラバラです。

そのため、男性側は最初は相手の使用状況を見ながら、使う頻度を決めることが最適です。

大切なことは、女性が使うスタンプや絵文字以上に乱用しないこと。

稀に可愛すぎるスタンプを乱用すると、引いてしまう女性もいますので……

ただし、女性が全く使用しないタイプであれば、男性側は多少取り入れたほうが良いです。

スタンプも絵文字もないメッセージがずっと続くと、ビジネスライクな関係性をイメージさせてしまいますので。

▲目次へ戻る

長文の場合は、二つに分けて送信する

伝えたい内容がたくさんあれば、必然的に長文になりますよね。

毎回長い文章だと相手が疲れてしまいますが、本当に必要であればOKです。

そこで、長文になる場合は二つに分けて送信するようにしましょう。

「見やすさ」と「負担感」が一目瞭然です。

▲目次へ戻る

ウケ狙い・未設定・ナルシスト写真は設定しない

LINEにはアイコンという自分を表す画像を添付できる機能があります。

ここには好きなキャラクターや風景画、友人と写った自分の写真などそれぞれの個性が出るところです。

ただし、これから伝える3点だけは控えるようにしましょう。

  1. ウケ狙い
  2. 未設定
  3. ナルシスト写真

まず、ウケ狙いの不気味な画像、身内ノリではしゃいでいる画像等は控えましょう。相手女性に「気持ち悪!」って思われたら損です。

100歩譲って、ウケたとしてもリスクに見合いません。

また、たまに見かけるのが「未設定」の人です。無機質な印象を与えてしまうので、風景でも好きなキャラクターでも何でもいいので、とりあえず設定するようにしましょう。

最後に、ナルシスト写真です。自撮りでキメ顔をしている写真は、ナルシストをイメージさせるので適さないでしょう。

お笑い芸人のノ●スタイル井上さん的なイメージが近いですね(彼はブランディングとしてやっているのでOKですが)。

▲目次へ戻る

自分が興味のある話題ばかりを伝える

これは細かなテクニックというよりも、LINEを送信する上での「あり方」についてです。

何でもかんでも最終的に「自分の話題」に着地する態度は控えるべきです。

基本的に人は自分に関係する話しか興味ありません。

まだ関心が薄い状態の男性から、興味のない内容を延々とメッセージで送られると、女性はゲンナリしますよね。

「自分視点」ではなく、「相手視点」でメッセージは送信するようにしましょう。

具体的には、「相手が興味ある話題」「明確な目的がある会話」「相手が元気になるようなポジティブな内容」等です。

もちろん、お互い親密度が高くなっていくと、その人自身に“興味”が湧いてくるので、自分の好きな話題を伝えてもOKです。

▲目次へ戻る

唐突に「今何してるの?」とは連絡しない

相手女性とコミュニケーションを取りたい気持ちが溢れて、ついつい「今何してるの?」と送ってしまった経験はありませんか?

これ、今すぐに控えるべきです。

「彼氏ヅラ?」と女性に警戒心を抱かせる危険があり、返信が面倒だと感じさせるかもしれません。

このLINEメッセージを送っていいのは、「脈あり女性」のみです。(興味のある男性からメッセージがくるだけで嬉しいので)

ぜひ注意してください。

▲目次へ戻る

まとめ

おさらいします。

LINEを改行する人が彼女づくりで有利になるのは、「自分視点」ではなく「相手目線」に立つアプローチができているからです。

「受け取った相手がどのように感じるか?」という視点が欠けていると、改行問題に関わらず、他にも悪影響が出ます。

「自分視点」の独りよがりなアプローチがあると、どんなLINEテクニックを活かされません。

たかがLINEの改行、されどLINEの改行です。

「既読無視が多い」「女性となかなか距離が縮まらない」とお悩みの場合は、一度自身の現状を振り返るきっかけにしてもらえればと思います。

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

【最後まで読んでくださった方へ】お知らせ