出会った人と付き合う

【告白が怖い】失敗しても気まずくならないコツと5つの挽回ステップ

根本
根本
どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔(ねもとなおゆき)です。

本日のテーマは「告白が怖い」です。

アラサー男性
アラサー男性
万が一、意中の女性に告白をして失敗してしまったらどうしよう……

女性と気まずくなりたくないし、仮に失敗した時の挽回方法があればぜひ知りたいです。

こんな記事に答えます。

「告白が怖い」ときにぜひ読んでほしい内容です。

関連記事も合わせて読むとさらに見える景色が変わり、モテるマインドセットが手に入ります。

↓↓もうチェック済みですか?↓↓

告白が怖い理由を考察する

根本
根本
一般的に好きな女性への告白は怖いものですよね。

この「怖い」という感情が押し寄せるのは、失敗したときの結果を想像してしまうからではないでしょうか。

  • 相手女性と気まずくなる
  • 自分を価値を否定されたような気がする
  • ショックから立ち直れない気がする
  • 今の状態が崩れてしまうのが嫌だ
  • 振られて恥をかきたくない
    など

悪いイメージはどんどん広がり、不安な気持ちが押し寄せてくるはずです。

「そんなこと気にしないで、当たって砕けろ!」

「想いはストレートに伝えればいいんだ!」

とアドバイスされても怖いものは怖いですよね。

実は人間の心理には、「利益を得るよりも損失を回避する傾向が強い」ことが分かっています。

根本
根本
これはプロスペクト理論の「損失回避」という心理です。

告白して彼女ができる「利益」よりも告白をして振られて傷つく「損失」を回避する傾向が強いのです。

だからこそ、「告白は怖い」と感じる精神はいたって健全なのです。

もちろん、何の躊躇もなく告白できる男性も一部に存在はします(これは育ってきた環境や性格によるところが大きいはずです。)

しかし、大半の男性にとって根性論で「勇気を出せ」とアドバイスされてもなかなか行動できないのが真実なのです。

▲目次へ戻る

告白の失敗が怖いときに心掛ける3大ポイント

「告白が怖い」のは当然の心理だとお伝えしました。

では、その恐怖を緩和するために心掛けたい3大ポイントを解説します。

これを心掛けることで、「モテる」ためのマインドセットが身につき、精神的な余裕が生まれます。その結果、告白の失敗に対する過剰な恐怖は緩和されていきます。

▲目次へ戻る

出会いは簡単に生み出せる

「絶対に失敗してはいけない」

このような精神状態は不健全です。

人の行動力を奪い取り、失敗に対する恐怖で「告白」する気力さえ奪い去ります。

根本
根本
そこで、「出会いは簡単に生み出せる」事実をまずは理解しましょう。

現代はオンライン環境が発達し、従来の出会い(社内恋愛・紹介など)から不特定多数の男女が集う出会い(街コン・婚活パーティー・マッチングアプリなど)まで幅広く存在します。

仮に身の回りに女性がいなくても、簡単に異性と知り合うことが可能です。

意中の女性に振られたとしたら、確かに「ショック」ですが、人生は終わりじゃありません。

もちろん、「目の前の女性を蔑ろにしろ」という意味ではなく、精神的な余裕を持つことが良い結果に結びつきやすいという意味です。

根本
根本
「出会いは簡単に生み出せる」意識が余裕をもたらしてくれます。

「出会いがない職場の男性必読!出会いを増やす5つのチェックリスト」を合わせてどーぞ。

出会いがない職場の男性必読!出会いを増やす5つのチェックリスト「出会いがない」職場男性がどのように女性と知り合っているのか?「人脈ゼロ」「既婚者ばかり」「モテない」を脱却する5つのチェックリストを要チェック!出会いがない男性の真実を知り、彼女づくりを有利に進めるコツをお伝えします。...

彼女いない歴=実年齢でも問題なしです。【彼女いない歴10年も問題なし】すぐに彼女をつくるには3ステップ にて解説中です。

【彼女いない歴10年も問題なし】すぐに彼女をつくるには3ステップ 今回のテーマは「彼女いない歴10年男性」です。 この疑問にお答えする記事です。 当記事を読むことで下記の...

▲目次へ戻る

告白できる人はそれだけで強い

そもそも「告白」という行動を取っている時点で、その男性は強いです。

大前提として、行動を起こさなければ、何も結果が出ませんし男も磨かれていきません。

残念ながら、現代において「女性から男性に告白する」ことは稀ですので、男性がアプローチしないことには何も始まらないのです。

営業の場面でも相手に拒絶されることを恐れるあまり、「買ってください」と言えない人は多いのです。

自分の想いを相手に伝えるだけでもスゴイことだと思います。

実は、モテるように見える男性であっても、陰ながら多くの失敗を経験しているケースが圧倒的です。失敗から学び、徐々に女性心理の勘所を掴み、男磨きを加速しているのです。

男磨きに関する関連記事を書きました。「男磨きの習慣チェック15!女性にモテる自分磨き(外見、内面、仕事、恋愛)を解説」合わせてどーぞ。

男磨きの習慣チェック15!女性にモテる自分磨き(外見、内面、仕事、恋愛)を解説女性の評価に直結する男磨きの習慣チェック15!厳選した15の習慣を解説。男の自分磨きは「内面」「外見」「仕事」「恋愛」に分かれ、恋愛を制する秘訣を公開します。...

▲目次へ戻る

振られてもあなた存在価値が低いわけじゃない

女性に振られると、まるで自分の存在価値が否定されたような気分になります。

しかし、ここで冷静になる必要があって、女性が告白を断るのにはいくつか理由が考えられます。

  • 生理的に受け付けない

→第一印象で「足切り」されているため、清潔感の演出を学ベばOKです。「モテる雰囲気の正体を暴露。男の魅力が爆速でアップする方法5選」をどーぞ。

  • まだ女性は恋愛感情に達していない

→男女で恋愛感情に達する「スピード」に違いがあります。一般的に男性は「瞬間湯沸かし器」タイプで一目惚れをしやすく、女性は「じっくりコトコト」タイプで恋愛感情に達するまでに時間を要します。「女性の恋愛感情を紐解く3つのポイント!男女でここまで違う心理を解説」をどーぞ。

  • 別に好きな男性がいる(もしくは彼氏持ち)

→男性がいくら良質なアプローチを仕掛けても、別に目当ての男性がいれば空振りすることがほとんどです。この場合、長期戦を覚悟して余裕を持ったアプローチが鍵になります。

根本
根本
仮に相手が彼氏持ちの場合は、不意に告白をしてしまうと、恋愛トラブルに発展してしまいます。

相手に彼氏がいる場合は下手なアプローチは絶対厳禁です

彼氏持ち女性に対するアプローチ方法は「彼氏持ちを落とすアプローチ完全公開!ライバルを出し抜く7ステップ」にて解説中です。

▲目次へ戻る

告白の失敗は「女性と気まずい」状態に陥ったときだけ

そもそも、告白の失敗とはどういう状態を指すでしょうか。

もちろん、相手女性から「断られた」状態になるかと思いますが、僕の答えは少し違います。

ズバリ、振られた後に「女性と気まずい」状態に陥ったときだけ「失敗」だと思います。

気まずくなった瞬間に、女性は距離を置き始めることが多く、関係を修復することがほぼ不可能になります。(修復したとしても異性として見られる確率は限りなくゼロに近くなる)

逆にいうと、「気まずく」ならなければ、女性に再度アタックするチャンスが残ります。

それはもはや、失敗とはいえません。

何よりまずは「気まずく」ならないように女性と接することが、大切です。

告白の失敗=女性と気まずくなる

告白の失敗(女性と気まずくなる)を回避するにはどうすれば良いのか?

次から解説していきます。

▲目次へ戻る

告白の失敗(女性と気まずくなる)を回避するコツ

告白が失敗した直後に絶対にやってはいけないことは、男性自身がひどく落ち込んだ姿を女性に見せつけないことです。

根本
根本
実は告白を“振る”側の女性にも、心理的な負担を与えています。

そのため、告白が重くならないように配慮が必要です。

女性と気まずくなることを回避するコツは、2点あります。

  • 空気が重くならないように、女性に切り返す
男性
男性
ごめん、ちょっとフライングしてしまった!笑
男性
男性
オッケ!男を磨きに修行し直すな笑

などと返答する。

空気が重くならないように配慮して、相手との関係性を繋ぐことが大切

 

  • 事前に保険をかけてから告白する
男性
男性
勝手に好きになっていい?
男性
男性
仮に彼女になってと言ったらどうする?

と事前に保険をかけて告白する。

そうすることで、万が一振られてしまっても「ごめんごめん、ちょっと試しに聞いてみた笑」などど逃げ道ができますよね。

気まずい空気になるリスクを低減できます。

▲目次へ戻る

告白に失敗しても挽回する5つのステップ

ここまで告白が怖い理由や、取るべき行動について解説してきました。

ここからは、告白に失敗してからも挽回できる5つのステップを紹介します。

挽回する5つのステップ
  1. 全力で明るく振る舞う
  2. 原因を分析する
  3. 女性との適切な距離をキープする
  4. 食事に誘う
  5. 女性の脈ありサインをキャッチできれば、再度アタックする

▲目次へ戻る

挽回方法1.全力で明るく振る舞う

告白の失敗=女性と気まずくなる、と伝えました。

その後の関係をギクシャクしないためにも、とにかく全力で明るく振る舞いましょう。

ここはあえて意識をしてください。油断しているとショックが顔に出てしまいます。

一人の女性だけに意識が集中すると、余裕がなくなっていくので、他の女性との人脈を増やしていくのもありです。婚活パーティー、街コンなどの「マッチングサービス」は有効です。

▲目次へ戻る

挽回方法2.原因を分析する

結果と原因はセットです。

落ち着いたら、原因はどこにあるのか?振り返るようにしましょう。

  • 「いい人止まり」「友だち止まり」として認定されている
  • 突然の告白に、相手の心の準備が整っていなかった
  • 別に好きな人がいる
根本
根本
周りの友人や知り合いにチャンスがあれば、女性の状況を聞いてみるのもありです。

間違っても相手女性に直接確認してはダメです。その時点で気まずくなってしまいます。

ここでは答えを見つけ出すというよりも、「なぜ失敗したのか?」を自分なりに仮説を立てることが大切です。

相手女性に確認はご法度です!気まずい空気が流れて、女性は離れてしまいます。

▲目次へ戻る

挽回方法3.女性との適切な距離をキープする

告白が失敗すると、今ままで通りのコミュニケーションはどうしても取りづらくなるもの。

しかし、失敗を挽回するためには、「女性との適切な距離をキープする」ことが大切です。

付かず離れずの関係をキープして、女性との精神的な距離をゆっくり縮めていきましょう。

▲目次へ戻る

挽回方法4.食事に誘う

続いてのステップは、女性を「軽い食事へ誘う」ことです。

デートというニュアンスが相手に伝わってしまうと、相手に重い印象を植えつけます。あくまで、“軽く”食事に誘うことがポイントです。

拘束時間も短く、相手女性も気軽に誘いを受けやすいのです。

「食事ぐらいなら」と警戒心を高めにくいのもメリットです。

ただし、食事に誘うタイミングは少し時間を置いてからの方が良さそうです。

告白に失敗してからすぐに誘ってしまうと、女性に「面倒な人」「懲りない人」というレッテルを貼られてしまいます。

そのため、個人的には1〜2ヶ月ぐらいは様子を見るべきだと感じます。(すぐに再アタックしたい気持ちは山々ですが)

▲目次へ戻る

挽回方法5.女性の脈ありサインをキャッチすれば、再度アタックする

最終ステップです。

ズバリ、女性の脈ありサインに注視してください。

食事に誘えたとしたら、少なくとも“脈なし”ではないワケです。(脈なしの場合は、食事にすら応じてくれません)

ただし、告白を2回断られてしまうと、挽回は厳しくなります。次がラストチャンスだという意識を持ちましょう。

そこで告白のタイミングを間違えないように、女性の脈ありサインに着目しなければいけません。

脈ありサイン→気になる男性にだけ見せる仕草や行動

根本
根本
女性が出す脈ありサインを見極めることができれば、次の告白は失敗しなくなります。

告白という言葉を聞くと、「大掛かり」「ロマンティック」なイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、女性の脈ありサインさえ見極めることができれば、どんな告白でもうまくいきます。

極端な話、サラッと「付き合おう」と伝えるだけでもOKです。

告白で逆転を狙う意識はNGです。そもそも事前のアプローチで告白の成否はほぼ決まっています。

告白は事前のアプローチで9割決まるといっても過言ではありません。「年下女性への告白を成功させる!知っておきたい7つの常識」にて、解説しています。

▲目次へ戻る

まとめ

おさらいします。

●告白が怖い!と感じる感情はいたって健全。人は何かを得る(告白が成功する)よりも、損をする(告白が失敗して傷つく)ことを回避しがち。

●告白の失敗が怖い時に心掛ける3大ポイントは、

  1. 1.「出会いは簡単に生み出せる」
  2. 2.「告白できる人はそれだけで強い」
  3. 3.「振られてもあなたの存在価値が低いワケじゃない」

●告白の失敗=女性と気まずい状況になること

●告白の失敗(女性と気まずくなる)を回避するコツは2点

  1. 空気が重くならないように女性に切り替える
  2. 事前に保険をかけてから告白をする

●告白の失敗を挽回するには5つのステップが存在する

※女性の脈ありサインの見極めが大切。2度告白に失敗すると挽回が難しい。

告白は事前のアプローチで9割決まっている。

諦めるのはまだ早いです。1度の失敗は挽回可能なため、余裕を持ってアプローチするように心掛けましょう。

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

【まず初めに読んでほしい記事】

▶︎「まず初めに読んで欲しい記事」はこちらをクリック

この記事を読むと、「なぜ恋愛/婚活に真剣に取り組むべきなのか?」が明確になります。

※クリックするとページに飛びます。