出会った人と付き合う

【意外な現実】好きな女性と付き合うために知っておきたい3つの事実

根本
根本
どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔(ねもとなおゆき)です。

本日のテーマは「好きな女性と付き合う方法」です。

アラサー男性
アラサー男性
好きな女性って付き合うのはぶっちゃけ無理ゲーじゃないですか?

好きなの女性は競争率が高いし、ある程度妥協は必要ですよね……

こんな疑問に答える記事です。

今回の記事を読むことで、「好きな女性と付き合う」ための正しいマインドセットが手に入ります。決して“無理ゲー”ではなく、実は意中の女性にとって身近な男性ライバル3人に勝てば良いのです。

まずはその理由について解説していきます。

↓↓無料で読めます↓↓

好きな女性と付き合うために知っておきたい3つの事実

好きな女性には当然ライバルが多くて、なかなか交際に発展しない……

こんな悩みをよく聞きます。

しかし、諦めるのは早いです。

やり方次第では、好きな女性と付き合うことはさほど難しいことではありません。

これから、好きな女性と付き合うために知っておきたい3つの事実をお伝えします。

結婚適齢期の女性は「絶対評価」でなく、「相対評価」で男性を見る

まず理解してもらいたいのは、真剣な恋愛を求める女性ほど、男性を見定めるとき「絶対評価」ではなく「相対評価」を選択するということです。

「絶対評価」→決められた評価基準をもとに、相手を評価すること

「相対評価」→他者との比較により、相手を評価すること

アラサー男性
アラサー男性
どういう意味?

多くの女性は自分の理想とする男性像を持っています。

「身長は何センチ以上」「ルックスは俳優の○○がいい」「頼りがいがあって優しい人」と高い理想が並びます。

しかし、理想に「ぴたっとはまる」男性はごく少数のため、絶対評価を貫くことで難易度が上がってしまいます。

精神的に成熟した20代や30代女性は「理想」と「現実」を天秤にかけながら、自らの将来を案じます。

女性
女性
婚期を逃さないかな……
女性
女性
理想の相手と出会えないのでは……

男性と異なり、女性は「出産」を意識するケースも多く、自然と「相対評価」を加速させやすい一面を持ちます。

女性も理想の男性像は持っていますが、あくまで理想であり、実際に付き合う男性ではないのです。

要するに、女性が普段接する男性を基準として、相手の評価を決める傾向が強くなります。

相対評価で男性を見定めている以上、あなたのライバルは女性の生活圏内の身近な人になります。

アラサー男性
アラサー男性
とはいっても、やっぱりルックスがいいひとが選ばれるんですよね?
根本
根本
実はそうとは限りません。下の図を見てください。

出典:第15回出生動向基本調査

根本
根本
実際に結婚を考え出す女性は、「容姿」よりも「人柄」や「経済力」などを重視します。

人間性や経済力などリアルな価値観を基準として、身の回りの男性の中から最も素敵な男性を選ぶというわけです。これが相対評価です。

忙しい社会人女性は出会いが少ない

そもそも、学生ならともかく、忙しい社会人女性は出会い自体が少ないです。

下の調査データをご覧ください。

  • 「交際相手がいない25歳〜29歳の未婚女性」の割合は56・1%
  • 「交際相手がいない30歳〜34歳の未婚女性」の割合は64・8%

真剣な恋愛を求める年代の約6割に彼氏がいないのです。

仕事が忙しいうえに、現代は娯楽も多様化して、恋愛以外にもやることが山ほどあります。

彼氏がいない要因の一つとして考えられるのは、とにかく「出会いがない」ことなんです。

人気女性でもアプローチされているのは2〜3人程度

そんな出会いがない状況で、人気女性といえどもアプローチされているのはせいぜい2〜3人程度でしょう。

さらに、人気がある女性の場合、「どうせ俺がアプローチしても意味がない」という風に最初から諦める男性は意外に多いです。

まさしく攻める前に撤退しており、非常にもったいない状況です。

根本
根本
先ほどご説明した通り、社会人女性は忙しく、慢性的に出会いが少ない状態です。

どんなに人気女性でもアプローチされているのはせいぜい2〜3人でしょう。

彼らよりも総合評価が少しでも上回れば、好きな人を振り向かせることができます。

要するに、女性にとって身近な男性三人に勝てばいいというわけです。

思いのほか、ライバルの数は少ないのが現実です。

すべての男性に勝つ必要はありません。

女性の身近にいる男性2〜3人より「1ミリでも上回る」、これこそが過酷な恋愛競争を勝ち抜く考え方です。

好きな女性と付き合うために実践したい3ポイント

先ほどご説明したように、ライバル2〜3人よりも1ミリでも上回ればOKです。

ここでは、好きな女性と付き合うために抑えたい3ポイントを解説します。

女性にとって身近な男性は存在するかどうかチェック

まず、狙っている女性にとって、彼氏候補らしき人物は存在するでしょうか?

共通の友人がいるなら、遠回しに探りを入れましょう。

もしも、彼氏がいるかどうか不明の場合は次の3つのセリフで確認すると良いです。

  • 「あれ?彼氏は?」
  • 「最近どこか旅行に行った?」
  • 「彼氏は何人ぐらいいるの?」

詳しくは、「【スッキリ】彼氏がいるかどうかを聞くには?「ベストな方法」を解説」をどーぞ。

【スッキリ】彼氏がいるかどうかを聞くには?「ベストな方法」を解説「好きな女性に彼氏がいるのかな?」恋人の有無が気になってモヤモヤすることが多くないですか?彼氏がいるかどうか「スマート」に聞き出す3つの方法を公開。ポイントは「雑談のついで」と「彼氏がいる前提」です。...

探りを入れる理由は、彼氏がいる女性に対しては、大きくアプローチ方法が変える必要があるからです。

無用なアプローチはトラブルの元。無理に女性を口説こうとするのはご法度です。

そこでポイントになるのが、「友だち以上恋人未満」を目指すことです。

詳しくは「彼氏持ちを落とすアプローチ完全公開!ライバルを出し抜く7ステップ」にて解説中です。

彼氏持ちを落とすアプローチ完全公開!ライバルを出し抜く7ステップ彼氏持ち女性には、普通のアプローチでは効果は出ません。ライバルを出し抜くノウハウを7ステップで完全公開。ポイントは「友達以上恋人」を目指すこと。デートや告白につなげる大切な考え方をお伝えします。...

もしも、相手に彼氏がいなければ大チャンスですが、ライバルは2〜3人存在すると考えた方が良いでしょう。油断大敵です。

身だしなみは疎かにしない

ライバルに勝つために、絶対に抑えなければいけないポイントは「身だしなみ」です。

異性として意識させるには、「清潔感」の演出はマストになります。

清潔感がない雰囲気は、一瞬で「彼氏として見られない」状態を招きます。

根本
根本
女性にインタビューすると、不潔な印象があるだけで彼氏候補から除外すると回答しています。

身だしなみを疎かにすると勝負前から「足切り」を食らってしまうのです。

身だしなみ=「清潔感の演出」に関しては、「モテる雰囲気の正体を暴露。男の魅力が爆速でアップする方法5選」で確認できます。誰でもすぐに改善できるので、要チェックです。

徐々に距離を縮める

下記の図は、女性との関係性を表したものです。親密度が高くなるにつれて、恋人関係に近づきます。

距離を縮めていくために、「異性として見られる」工夫が求められます。

女性の心が揺さぶられないのは、アプローチ方法に原因がある場合がほとんどです。

女性との距離の縮め方の良し悪しで、「単なるいい人」になる恐れもあります。

好きな女性と付き合えるかどうかは、女性との距離の縮め方で9割決まります。

根本
根本
好きな女性を目の前にすると、なぜか好意がバレてしまってうまくいかない ことはザラにあります。

正しい手順で適切に距離を縮めることが成功の鍵です。

女性との距離の縮め方で9割決まる!異性として見られる7つの工夫」にて手順を解説しています。

女性との距離の縮め方で9割決まる!異性として見られる7つの工夫女性との距離の縮め方7つの工夫を専門家が解説。意中の女性と付き合うためにはちょっとした工夫が必要。「友達から彼女に変わる距離の縮め方」「いい人止まりになる」「距離感が難しい」の悩みを解決するコラム...

もちろん、全員の女性に通用することはありませんが、女性がイメージする好みの男性像は共通項があるものです。ステップに沿って適切に行動することで、評価を高める確率が上がります。

結果として、好きな女性と付き合えるまでの最短距離を歩むことができます。

余談ですが、万が一好きな女性に嫌われたしまった場合の挽回方法は、「好きな女性に嫌われた!?そんな時に男性がやるべき3つのこと」も合わせてどーぞ。

好きな女性に嫌われた!?そんな時に男性がやるべき3つのこと「LINEの返信が素っ気ない」「避けられている気がする」好きな女性に嫌われた!と感じると一気に不安に襲われます。そんな時に「絶対にやってはいけないこと」が存在します。焦った行動はより深刻な結果を招き、最適なアプローチが必須です。...

まとめ

おさらいします。

好きな女性と付き合うために知っておきたい3つの事実は、

  1. 結婚適齢期の女性は男性を見るとき、「絶対評価」ではなく「相対評価」
  2. 忙しい社会人女性は出会いがない
  3. 人気女性でも男性からアプローチされているのは、せいぜい2〜3人

そして、好きな女性と付き合うために実践したい3ポイントは、

  1. 女性にとって身近な男性は存在するかどうかチェック
  2. 身だしなみを整える(清潔感の演出)
  3. 適切な距離の縮め方を実践する

以上の流れを理解して、厳しい恋愛市場を勝ち抜きましょう。

面倒に感じる部分もありますが、闇雲に行動してうまくいくことは残念ながらほとんどありません。「急がば回れ」精神でステップに沿って実践しましょう。

本日も読んでいただきありがとうございます。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

【最後まで読んでくださった方へ】お知らせ