出会いを増やす

【地方に異動】田舎で出会いがない男性が女性と知り合う6つの方法

どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔(ねもとなおゆき)です。

今回は、地方に異動して出会いがない男性向けに女性と知り合う6つの方法を解説します。

「人が少ない……」

「女性と知り合う場所はどこ?」

そんな悩みを抱える独身男性へ解説します。

↓↓もうチェック済みですか?↓↓

田舎で出会いがない男性の落とし穴

田舎は相対的に人口が少なく、都市部と比較すると「出会いの場所」は限定されます。

さらに交通アクセスも悪く、車がないと行動範囲が限定されることもしばしば。

根本
根本
そんな環境に異動した男性は、どのように女性と出会えばいいのでしょうか?

年齢も30歳を過ぎて、職場に女性も少ない……どうすれば?

まずは、田舎ならではの「出会い」の落とし穴について解説していきます。

僕はサラリーマン時代、日本の人口数ワースト1、2位の島根県、鳥取県を5年間営業担当したことがあります。

住まいは岡山でしたが、5年間で約1200日島根県、鳥取県に常駐し(ホテルで宿泊)、田舎事情を観察してきました。

▲目次へ戻る

最も辛いことは、出会いがないこと

まずは、個人的にもっとも辛いことは、「出会いがない」こと。

元々、田舎の地域で住んでいる男性は問題ないかもしれません。(繋がりがあるため)

しかし、異動した場合はゼロから出会いを生み出す必要がありますよね。

根本
根本
都市部と比べると、婚活サービスや出会いのイベントも実施回数が少ないです。

職場以外で人脈を増やす手段が限られるため、意識をしないとすぐに「職場と自宅の往復」になりがちです。

モテるモテない以前の問題は、かなり辛いですよね。

▲目次へ戻る

可愛い女性はすでに埋まっている

続いては、「可愛い女性はすでに埋まっている」です。

これは都市部や地方に関わらず言えることですが、特に田舎では顕著です。

可愛い女性は、友人の紹介や繋がりですぐに埋まります。

根本
根本
出会いが少ないからこそ、男性同士の熾烈な戦いが繰り広げられるのでしょう。

その地域にゆかりがない異動男性にとっては、残酷ですよね。

▲目次へ戻る

地方や田舎は既婚女性が多い

地方や田舎においては、都市部と比べると結婚をする年齢が早い印象です。

地域やコミュニティの繋がりが濃く、世間体や人様からの「見られ方」を気にする空気感がまだまだ根強いです。

それが影響しているのかは断言できませんが、とにかく若い女性において既婚者が多いです。

根本
根本
田舎においての「結婚への意識」は高いです。

当時、30歳を超えて独身の僕は、上の方々からよく「変人」扱いされました苦笑

▲目次へ戻る

街コンや婚活パーティーはいつも同じ女性

田舎あるあるの一つ「街コンや合コンはいつも同じ女性」問題があります。

運営側にとって集客面を考慮して、開催されるのは土日のいずれか。

場所も地方の中心都市で行われるので、必然的に参加するメンバーが偏る模様。

根本
根本
参加人数も限られますので、婚活イベントの顔ぶれはよく見る顔のパターンがあるようです

▲目次へ戻る

繁華街は物静か

最後は、「繁華街は物静か」問題があります。

とにかく人がおらず、栄えている場所がなかなか見当たりません。

異動した男性がフラッと中心都市に出かけた時に、愕然とする光景をよく見ました。

平日は当然ですが、土日ですら人はまばら。

出会いの数が圧倒的に少ない状況で、どのように女性と知り合うか?

真剣な問題ですよね。

次から具体的に女性と知り合う方法を伝えます。

▲目次へ戻る

田舎で出会いがない!女性と知り合う6つの方法

田舎で出会いがない場合の、女性と知り合う6つの方法をご紹介します。

ポイントは、できることはすべて実践する意識が大切です。

都市部では味わえない醍醐味や、出会いのメリットも実際は多く存在します。

行動習慣をフルチェンジして、出会いを増やすクセを身につけましょう。

まずは、出会いの場所全11パターンを学ぶ

【出会いがない男性向け】恋人が見つかる場所11選を専門家が採点出会いがない男性向けに、恋人が見つかる場所11選をガチ採点しました。机上の空論ではない生の体験談で、男性の彼女づくりをサポートします。「自宅と職場の往復ばかり」「飲み会に誘われない」「周りが結婚し出した」そんな悩みを吹き飛ばしたい方は要チェックです。...

▲目次へ戻る

田舎の出会い1.お祭りや催しイベント(コミュニティ)を探す

田舎の出会いその1は「お祭りや催しイベントを探す」です。

その地域ならではの一大イベントはありませんか?

例えば、高知なら「よさこい祭り」が有名です。

お祭りで踊りを披露するために様々なチームが存在しており、希望すればチームに加入できます。(チームにより加入条件は様々です。)

根本
根本
僕は27歳当時、転勤で大阪から岡山に引越しをしました。

人脈がゼロになったため、岡山の「うらじゃ」というお祭りチームに加入しました。

地域コミュニティーに加入することで、様々なメリットがあります。

  • 同年代の男女と知り合いになれる
  • 合コンや飲み会へ誘われるチャンスが生まれる
  • 女性の紹介をしてもらう可能性が広がる

人脈が増えると、女性との出会いが爆速で加速します。

オススメです。

当サイトでは、これらの出会い方を「コミュニティ」と分類しています。

▲目次へ戻る

田舎の出会い2.アプリを最大限活用する

田舎の出会いその2は「アプリを最大限活用する」です。

インターネットが発達した現代で、出会いにテクノロジーを活用しない手はありません。

マッチングアプリとは、出会いを求める男女がアプリを通じて知り合う場。使い方により、毎月費用が発生する仕組みです。

匿名性が高い出会い方の一つなので、アプローチを誤ったり、メッセージの送り方がマズいと既読無視される危険性は実際高いです。

しかし、地域ごとに女性を探せ、遠隔で女性と知り合えるツールは、田舎に異動した男性にとっては最大の味方。

積極的に活用すべきですね。

根本
根本
既読無視をよくされる男性は、次のコラムが参考になります。遠隔の出会い方に備えましょう。

LINEで既読無視を防ぐコツ

LINEで既読無視する女性の本音10選。完全に脈なしなのか?を解説 本日は「恋愛相談あるある」の一つ、「LINE既読無視」ついて解説します。 既読無視(既読スルー)とは、文章を既...

▲目次へ戻る

田舎の出会い3.婚活パーティーや街コンを活用する

田舎の出会いその3「婚活パーティーや街コンを活用する」です。

根本
根本
大切なポイントは、パーティーや街コンで彼女をつくる意識を捨ててください。

ポイントは、男性や女性の知り合いを一人でも多くつくること。

パーティーや街コンにおいて、連絡先を交換する時間が設けられることが一般的です。

そのため、知り合いをつくることは比較的容易でしょう。

もちろん、その場で運命の出会いがあれば良いです。

しかし、田舎や地方においては実施回数が限られているため、「前回と顔ぶれが似ている」なんて事態も起こります。

根本
根本
知り合った女性が飲み会を開いてくれるかもしれません。

人脈を増やすと可能性は一気に広がりますね。

出会いがない男性がいる一方で、同じ数だけ悩む女性も多いはずです。

▲目次へ戻る

田舎の出会い4.最強の出会い方「紹介」を狙う

田舎の出会いその4「最強の出会い方、紹介を狙う」です。

前述のとおり、お祭りや催し(コミュニティ)、マッチングアプリ 、婚活パーティーや街コンを紹介しました。

そこで彼女を探すのはもちろんですが、つねに「紹介」をもらえるように意識してください。

■紹介をもらうためには

  • 知り合った女性や男性の評価を上げる。
  • 紹介が欲しいとしっかり宣言する。
  • 不要なプライドを捨てる。

紹介を狙う意識があれば、自然と一つ一つの出会いを大切にする意識が高まります。

目の前の女性とは縁がなくても、友人の紹介から真剣な恋愛に発展するケースを山ほど見てきました。

友人の紹介は簡単に女性と付き合える説を検証

出会いの最強ツールは「紹介」。簡単に女性と付き合えるワケとは?専門家による出会いの紹介は最強説を7つの理由で解説。「出会いがない」「なかなか一歩踏み込めない」男性は要チェック。 最短で彼女ができる出会い方である理由、紹介を増やすために必要な5つのポイントもご紹介しています。...

▲目次へ戻る

田舎の出会い5.地方の中心都市のバーを攻める

田舎の出会いその5「地方の中心都市のバーを攻める」です。

どの地方においても中心都市は存在します。

最低限、中心都市に足を運びましょう。(もっとも栄えている場所であるため)

繁華街は人通りが少ないですが、諦めずにバーを訪れてみましょう。

地元の若めの(20代〜30代前半)女性が通うバーを調査し、勇気を出して足を踏み入れます。

根本
根本
女性同士で飲んでいる場合、意気投合をして仲良くなる場合が多いです。

出会いがない環境は女性も一緒。

運よく「彼氏が欲しい」タイミングの女性と出会う可能性は夜の酒場には意外に潜んでいます。

▲目次へ戻る

田舎の出会い6.大型ショッピングモールを攻める

田舎の出会いその6「大型ショッピングモールを攻める」です。

多くの場合が、中心都市に象徴となるショッピングモールがあるはずです。

言い方は悪いですが、遊ぶ場所や選択肢が限られているため、多くの人がショッピングモールを活用します。

実際に行動的な男性はショッピングモールで女性の声をかけて知り合いをつくっています。

上級者向きなので、慣れないうちは手を出さなくて大丈夫です。

世間が狭い分、無茶なことをすると田舎ならではの「噂」が広がります。

僕自身は積極的にオススメしていませんが、出会いの選択肢としては「あり」です。

▲目次へ戻る

田舎で出会いがないメリットとは?

ここまで「田舎で出会いがない」落とし穴と、出会いの方法をお伝えしました。

ネガティブな内容が続きますが、実は田舎や地方だからこその出会いのメリットも多く存在します。

あくまで個人的な感覚ですが、いい意味で「スレてない」女性が多いですね。

一つ一つの出会いが少ないからこそ、その出会いを大切にしたい!と思うのではないでしょうか。

根本
根本
仕事で2年間東京に住んだことがあります。

そこで自らが実験台となり「出会い」の研究をしていました。

婚活パーティー、街コンは毎日のように開催されておりますし、街には美しい女性が至るところにいます。

クラブもあり、お洒落なバーも数えきれないほど存在し、イベントも豊富。

まさに出会いの宝庫です。

しかし、残念ながら出会いの数が多いからこそ、一つ一つの出会いの価値が薄くなりがちだと実感しました。(これは仕方ありません。)

目の前の人が嫌なら既読無視をして、また次のパーティーに参加すればいい……

そのように考える心理も理解できます。

出会いが少ないからこそ、一つひとつの出会いを大切にする意識が自然に働きます。

日本は一夫一妻制です。

ぶっちゃけた話、たった一人の大切な女性と出会えばいいわけです。

異動した先が田舎や地方で「出会いがない」とお困りでも、諦めるのは早いです。

方法はいくらでもあります。

あらゆる「出会い方」を試して、素敵な恋愛を成就させましょう。

▲目次へ戻る

まとめ

本日は、田舎・地方における「出会いがない」問題を取り上げました。

異動した先で人脈ゼロからどのように女性と知り合えばいいの?

特に出会い方が自然と限られる環境下では、死活問題です。

何度も繰り返しますが、あらゆる出会い方を試す意識づけが大切になります。

彼女をすぐに探すのも良いですが、まずは長期的に男女問わずの人脈を手に入れることが近道です。

本日も読んでいただき、ありがとうございました。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

オンライン相談