まず初めに読んでほしい記事

この記事を書いた人

根本直潔(ねもとなおゆき)

「出会いの教科書」の運営者。恋愛/婚活アドバイザー。2018年にサラリーマンを辞め、起業。

過去の体験をもとに、「出会いがない」と悩む人たちを全国でサポート。2020年9月に商業出版を実現。「出会いがない男の恋愛婚活の教科書」はAmazonの3部門で1位。「家族問題」部門にてベストセラー1位を獲得。プロフィールの詳細はコチラ。

どうも、初めまして。根本直潔(ねもとなおゆき)です。
僕は、婚活アドバイザーとして活動しており、短期間で婚活に繋がる「本命彼女づくりの実現」をサポートしています。

当サイトは

コンセプト
  • 短期間で婚活に繋がる本命彼女をつくる(ミッション)
  • ダラダラと出会いにお金と時間を消費させない
  • 男磨きを実践し、意中の女性と結婚する

ことをコンセプトに、2019年8月に当サイトをスタートさせました。

根本
根本
当サイトは、特定の婚活サービス(結婚相談所/マッチンプアプリ/婚活パーティーなど)に誘導するようなサイトではございません。

私自身、顔出しをしながら、責任を持って「恋愛/婚活を成功させる」ための情報をお届けしております。

この記事は、真剣に恋愛/婚活に取り組みたい男性向けに、大切なことだけをまとめました。

当記事を読むことで、

  1. 変な恋愛教材に騙されなくなります
  2. 30代以降の男性が恋愛/婚活に有利な理由がわかります
  3. 自信がない男性でも一歩踏み出せます

「彼女づくり」や婚活でお悩みの方は、この記事だけでも読んでください。

重要

彼女づくり/婚活でお悩みのかたは、毎月5名限定で「無料個別相談」を実施していますので、ご興味があればぜひお申し込みください。

最後のページに案内がありますので、ぜひ最後までお読みください。

僕が恋愛婚活のサポートをできる理由

これから恋愛/婚活について大切な話をする前に、なぜ僕がこの分野でお話しができるのかをお伝えします。

日々のブログ執筆/1対1の個別サポートの実績多数

2018年にジョンソンエンドジョンソンという外資系医療メーカーを、かねてからの独立願望を叶えるため、退職。全く別業界である恋愛/婚活の分野で、一歩を踏み出します。

セミナー/個別相談を通じて、「出会いがない」「結婚適齢期で焦ってきた」という男性を全国でサポート(現在はオンラインで展開しています)。

2019年には当サイトの運営を開始して、具体的なノウハウをブログで発信し始めます。

書籍「出会いがない男の恋愛婚活の教科書」がベストセラー1位に

独立から2年後、出版社とご縁がつながり、「出会いがない男の恋愛婚活の教科書」の商業出版が実現します。

恋愛における大切なマインドとノウハウを一冊にまとめたもので、企画から完成まで9ヶ月かけて書き上げました。

発売と同時に多くの方に手をとっていただき、Amazon新着ランキングの2部門で1位になりました。

その後、クチコミやレビューで徐々に広がり、2021年3月にAmazon3部門で1位「家族部門」にてベストセラー1位を獲得しました。

書籍に寄せられたレビューの一部を抜粋します。

根本
根本
レビューを見ていると、彼女づくりの悩みの数々に改めて気付かされました。

 

続いて、セミナー受講者によるアンケートの一部をご紹介します。

人間心理とビジネスの流れを恋愛に展開していくところは、新しい発想でした
説明の流れがとても理解しやすかった。 30代後半 税理士

彼女の作り方を体系的に理解できました。悩みがスーッとなくなり、1歩踏み出せそうです。 20代後半 会社員

2回目の参加です。豊富な経験が裏打ちとなって、言葉に説得力が高いと感じました。
30代前半 個人事業主

女性との距離の縮め方に悩んでいましたが、モヤモヤが晴れました。柔らかい口調で決して相手を否定せず、フィードバックしてもらえるので、有難い限りです。(以下省略) 30代前半 会社員

ファッションに自信がなく、不安でした。でも第一印象の見せ方はセンスがない自分でも試せそうです。さっそく取り入れてみます。 40代前半 公務員

統計や心理学をうまく使っていて、わかりやすく納得のいく内容でした。自分の容姿に自信がない人でも聞いてみたくなる内容でした。 30代後半 自営業

根本
根本
受講者には必ず次回の具体的なアクションをお約束いただいております。正しい方法で確実に動くことで、視界が一気に開けます。

30代以上の男性は容易に本命彼女を作ることができる

受講者のメイン層は30代〜40代男性です。

仕事を離れて本音で伝えると、この年代の男性は、恋愛/婚活市場においてめちゃくちゃ人気の的です。
「結婚適齢期」かつ「大人の雰囲気」を兼ね備えており、女性の心を掴むルールを掴むだけで彼女づくりは大きく進展します。

理由は大きく二つあります。

30代の男性は20代女性と交際しやすい

結論を言いますが、恋愛/婚活市場において、30代の男性は20代女性と交際できる確率が高いです。

下の図は女性が考える「男性と交際できる年齢」について調査したもの。
20代女性の大半は、30代男性を「恋愛対象内」と見ていることがわかります。

第一回恋愛観調査(ブライダル総研)参考:図は著者作成

根本
根本
人生経験が豊富であることは、大きなアドバンテージです。

40代の男性であっても、身だしなみに配慮さえすれば、年齢から醸し出される深みが一転して強みに変わります。

女性は「年上」の男性を求めている

女性は「年上」の男性と付き合う傾向が強いです。下の図をご覧ください。
女性は「自分より年上の男性と交際している」割合が高いですね。

<下の図>恋人との年齢差(現在恋人がいる未婚の男女別)※外部調査より引用

出典:第一回恋愛観調査(ブライダル総研)

根本
根本
一般的に女性は男性より精神年齢が高いといわれます。そのため、年上を好む傾向が強いのでしょう。

【重要】3つの年代でノウハウは異なる

「彼女づくり」のノウハウを学ぶ前にぜひ頭に入れておいて欲しいことがあります。

ズバリ、「3つの年代で、彼女づくりのノウハウは異なる」ということ。

根本
根本
彼女づくりのノウハウは、年代問わずに語られるケースが多いです。

ノウハウは3つの年代に分けて考えて使い分けてください

  1. 学生〜20代/活発世代
  2. 30歳〜44歳/そろそろ結婚世代
  3. 45歳以降/円熟期世代

学生〜20代/活発世代

この年代は、「可愛い子と付き合う」や「モテ期を作る」など、オスとしての欲望を満たすためのノウハウが中心です。小手先のテクニック論が多く語られます。

がむしゃらに「モテる」ことを追うのは、オスとしての本能。

しかし、これは若い年代であればいたって健全な姿ですね。ここで多くの失敗を経験し、人として味も出てきます。

年齢を重ねてから、小手先のテクニック論に終始すると、どんどん「自分らしさ」を見失うので注意が必要。

※次の「30歳〜44歳/そろそろ結婚世代」のノウハウをご確認ください。

例えば、Youtube(ユーチューブ)おいて、テンポ良い語り口で恋愛テクニック/心理が多く公開されています。

根本
根本
これは再生数を稼ぐために(広告収入を得るため)、視聴者層が多い学生〜20代前半の人たちをターゲットに絞っているからです。

30歳〜44歳/そろそろ結婚世代【←当サイトはココ】

続いて、結婚を意識し始める年代です。

30歳を過ぎると結婚が頭をよぎり、40歳を過ぎると焦りが如実に出てくる頃です。

この年代で求められることは、「清潔感」「大人のコミュニケーション力」です。

この年代は小手先のテクニックのみに終始するのは厳禁。真剣な出会いを求めるからこそ、王道を積み重ねることが大切。

身だしなみを整え、広い心で相手の話に耳を傾ける。女性の良いところはしっかり褒め、たまにからかうぐらいの余裕が求められます。

当サイトのコンセプトは、婚活に繋がる本命彼女を作ることです。偽りの自分を演じても、後で結婚生活に支障をきたします。

身だしなみとコミュニケーション力を学ぶことで、仕事にも波及させることができ、一石二鳥です。

45歳以降〜/円熟期世代

40代以降は、いかに「出会い」を確保できるか?がポイントになります。
若い女性との知り合う機会も減り、「出会い」自体がボトルネックとなるからです。

結婚相談所の利用を検討しはじめる人も出てくるでしょう。

この年代はまず、見た目が老け込まないよう今まで以上に「清潔感」に気を配ることはマストです。ここをクリアできれば、20代女性であっても「恋愛対象内」と考えている人は実際多いです。

40代になると、20代〜30代前半女性が参加する婚活パーティ/街コンへの参加資格を失います。

結婚相談所やマッチングアプリ、飲み屋など、出会いの場所が制限されていく傾向があるのも事実。結婚願望があるなら、今すぐ行動をすることが肝心です。

【真実】結婚適齢期の3人に2人は彼女がいない

そもそも、現代における恋愛/婚活の一番の障害は何だとおもいますか?

ズバリ、「出会いがない」ことです。

いくら良質なノウハウを学んでも、アプローチできる女性がいなければ始まりません。
事実、結婚がしたい30代男性のうち、3人に2人に彼女がいません。
参照:第15回出生動向基本調より

多くの未婚男性を観察すると、そもそも婚活サービスを利用していなかったり、女性にアプローチすらしていない人がほとんどです。

理由は様々ですが、「かわいい女性がいない」「自然な出会いを待っている」など受け身の姿勢がほとんどです。残念ながら、恋愛/婚活を後回しにしていると、後々でしっぺ返しを食います。

女性と関係を深める仕組みさえ理解できれば、「出会い」自体が楽しくなり、積極的な姿勢に変わります。

まずは「出会いを作る」というマインドセットに切り替えてください。

「脈ありの出会い」を増やすべし

恋愛/婚活を成就させるために、なんとなく「出会い」を探すのではなく、

私は、「脈あり」の出会い(交際に前向きな女性との出会い)を意識するようにアドバイスしています。

脈あり女性 =交際また結婚に前向きな女性(いい男性がいれば付き合いたいと感じている状態)

「良い男性がいればすぐに付き合いたい」気持ちが女性側にあります。そのため、正しくアプローチできれば、短期間で交際に繋がります。

現実問題として、最初から付き合う意思のない女性もいます。そんな女性を男性が追いかけてしまうと、振り回されて、思い悩んでしまいます。(反動で自信を大きく失います)

脈ありの出会いが増えれば、交際までの期間も短くなり、モチベーションも高く保ちやすくなります。

【結論】脈ありの出会いは「婚活パーティー」にあり

身近に出会いがない男性には、まずは「婚活パーティー」がオススメです。脈あり女性が多く参加しており、短期間で交際に繋げることができます。

私は婚活アドバイザーですが、どこの婚活サービス/結婚相談所とも提携していないので、ポジショントークは一切ありません。全て本音トークであることをご理解ください。

何より、一度に初対面女性と多く接するため、「コミュニケーション力」が鍛えられることが大きなメリットです。

参加男性は恋愛に苦手意識を持っている人が多く、ちょっとした工夫で簡単にライバルを出し抜くことができます。

パーティー参加者と知り合えば、仮に交際に繋がらなくとも、その後「紹介」や「飲み会」に発展させることも可能。そうすれば、いわゆる自然な出会いを生み出せます。

一度に多くの女性と出会える街コンもOKです。ただしお酒が入ることもあり、場が乱れることが少々難点です。

慣れればマッチングアプリの活用を!

出会いがなけれrば、マッチングアプリを活用するのも手です。ただし、「対面が苦手だから」という理由で安易に頼るのは危険です。

後々デートで困らないように、生の現場で場数をこなすことが先決です。
パーティー/街コン等で場数をこなして、女性との接し方に慣れてくると、不思議とマッチングアプリも上手に使いこなせるようになります。

マッチングアプリは手軽に女性と知り合える分、恋愛/婚活に対する熱量の差が激しいです。

メッセージの連続で、心が疲れる人も多いので、向き不向きがあります。

【職場や身近に好きな女性がいる場合】好意バレに注意を!

もしも、あなたの身近に好きな女性がいる場合、焦りは禁物です。女性の好意が100%だと確信できるまでは、焦って告白をしてはいけません。

女性の気持ちが高まっていない段階で、男性の好意がバレてしまうと、一気に距離を置かれます。女性の気持ちはじっくりコトコト温まっていくものなので、慎重にアプローチすることが大切です。

職場で気まずい関係になったら最悪ですからね泣

スペックや能力の問題ではない。ちょっとした工夫で解決に向かう

「頑張っても本命彼女ができず、結婚できない……」

「好きな女性ができても、なかなか進展しない……」

自分自身のスペックや能力に疑問を持ち、落ち込む男性がいます。

しかし、それは大きな誤解です。実は、恋愛/婚活がうまくいくかどうかは、スペックや能力の問題ではありません。

ズバリ、女性が男性に求める3大ポイントを理解していないことが原因です。

女性が男性に求める3大ポイント

女性が男性に求める3大ポイント、ここを理解できるだけで、やるべきことが見えてきます。

3大ポイントとはズバリ、

  1. 清潔感
  2. 人柄(会話/コミュニケーション力)
  3. 経済力/社会的地位

です。この順番通りに女性は男性をチェックします。
詳しく見ていきましょう。

1.清潔感

まず最初に女性が評価するポイントが、「清潔感」です。ここが疎かになると、「異性として見れない」と恋愛対象外の烙印を押されます。

一度烙印を押されると、巻き返しはほぼ不可能です。

髪型はしっかりセットする。服装は体型にあったものを選ぶ。体臭は夏だと消臭スプレーと替えのシャツを常備するだけで、大きく印象が変わります。

「ルックスが良ければモテる」は誤解があり、正しくは清潔感があり第一印象がいい男性がモテるのです。

2.人柄や中身(会話/コミュニケーション力)

清潔感がクリアすると、次は人柄や中身です。

公的な調査(第15回出生動向基本調査)によると、「女性が結婚相手の条件として考慮・重視する割合」の第一位は「人柄」でした。

2位は「家事・育児の能力」、3位は「経済力」・・・と続き、6位は「容姿」です。

人柄というと漠然としていますので、ズバリ「対人コミュニケーション力」と言い換えてください。

女性心理を無視したアプローチ、自己中心的なトークは、「人柄」が悪いと判断されます。

3.経済力/社会的地位

最後に評価されるポイントは、「経済力/社会的地位」です。要するに、成功者やお金持ちは必然的にモテるというわけです。

ただし、必須項目ではありません。
あるに越したことはありませんが、先程の2つのポイントを抑えれば、基本問題になりません。

経済力に頼ったアプローチでは、自然とお金目当ての女性が近づきます。
仮に結婚できたとしても、後で痛い目に遭わないためにも、この要素を全面に押し出さない方が賢明です。

清潔感と人柄を磨くことで、自然と経済力が生まれる循環を目指したいですね。

【切実】「彼女づくり」の技術は早めに身につける

ここまで読んでもらってありがとうございます。

「気になる女性に振り向いてもらえない」「出会いがないけど、結婚相談所に依頼するのはちょっと・・・」など悩みは人それぞれです。

いずれ多くの人が「結婚」という一大イベントに向き合うでしょう。そのため、年齢を重ねて難易度が上がる前に、早めに恋愛/婚活の悩みを終わらせて欲しいと願っています。

僕自身「可愛い子と付き合わなければいけない」とか「結婚しなければいけない」とか、偉そうなことをいうつもりはありません。

恋愛や結婚は人生のごく一部ですし、「独身」であろうと、「事実婚」であろうと、その人が幸せであれば良いと思います。ただし、人の価値観は年齢を重ねるごとに変わっていくのものです。

「本気の彼女が欲しい!」「結婚したい!」と思ったときには手遅れだったということにもなりかねません。

公的調査では、18歳〜34歳の未婚男性のうち、「いずれ結婚するつもり」と回答したのは、85.7%です。遅かれ早かれ多くの男性は彼女づくりと真剣に向き合うので、早めに行動することが楽です。

【期間限定/毎月5名】60分間の無料カウンセリングを実施しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

現在、毎月5名限定で60分間の無料相談会を実施しています。

「結婚相談所に頼るのはちょっとなー」や、「女性との距離の縮め方」に悩んでいる方は一度お話を聞かせてください。悩みの解決策と、具体的なアドバイスをさせていただきます。

※当サービスは予告なく終了します。お早めにお申し込みください。

▶︎無料相談会はコチラをクリックすると、詳細ページに移動します。

彼女づくりや婚活の悩みが1秒でも早く解決するよう、当サイトがお役に立てれば幸いです。今後ともよろしくお願い致します。