出会いを繋げる

【厳選】年下女性とのデートの誘い方!年上男性が勝てる手順を全公開

根本
根本
どうも、出会い方コンサルタントの根本直潔です。

長期的な交際ができる最適な彼女づくりのサポートをしています。

今回のテーマは、年下女性や後輩を対象とした「デートの誘い方」です。

◆年上男性のよくある悩み◆

  • 女性が思わずOKしてしまう「誘い方」を知りたい
  • デートに誘いたいけど、気まずくなったらどうしよう・・・
  • ぶっちゃけ、年上男性ってモテるの?

こういった疑問にお答えします。

これからお伝えするノウハウは、恋愛経験は関係ありません。年上男性の強みを生かし、女性をスマートに誘える「コツ」が分かります。

最後までチェックしてくださいね。

↓↓無料で読めます↓↓

年下女性が思わずOKするデートの誘い方

女性が思わずOKするような誘い方には、ちょっとしたコツがあります。

意識するしないで結果に雲泥の差が出るので、参考にしてください。

デートには「さりげなく誘う」が正解

これから年下/後輩女性を誘おうと考えている男性に、特に意識してほしいことがあります。

ズバリ、「デートに誘う」という意識を捨ててください。

女性にとって「デートの誘い」は心理的負担が大きく、男性から「誘われている」と感じてしまうだけで、拒絶反応を示すのが女性心理です。

そのため、「デートの誘う」という意識は“百害あって一利なし”です。

ではどうすれば良いのかというと、

「さりげなく誘う」という意識に転換してください。

「デート」のニュアンスが相手に伝わったらダメです。とにかく自然に誘うことが成功確率をグッと高めます。

根本
根本

デートの雰囲気が相手に伝わらないだけで、女性が身構えなくなり、アプローチしやすくなりますよ

具体的なイメージとして、下記をご覧ください。

■デートの誘い方 NGパターン

男性「今度の日曜って予定空いてたりしない?」

女性「え・・・どうしてですか?」

男性「二人で一緒に遊びに出かけたいなと思って・・・」

女性「(どうしよう。これってデート?マジで・・・)あ、ちょっと予定が入ってて済みません。。。」

■デートの誘い方 OKパターン

男性「人気のパスタと、焼き鳥のお店を見つけたんだけど、どっちが好き?」

女性「強いていうと、パスタかなぁ」

男性「俺もパスタが好きで。そのお店すごく人気があるらしくてさ。

今度調査をかねて、行かない?

ちなみに来週の日曜か再来週の日曜、ランチどきにサクッと行ってみようよ!」

女性「(まぁ、パスタぐらいだったら好きだしいいか。)再来週の昼間だったら、予定空けれますよ!」

男性「了解!オススメ料理をリサーチしとくねー」

NGパターンは、「二人で一緒に」というフレーズ自体がデートを想像させています。これはスマートじゃないですね。

一方OKパターンは、終始フランクな印象で、デートのニュアンスが消されています。

女性が答えやすいように日程が複数提示されていて、圧迫感を減らすことにも成功しています。

デートに誘っているニュアンスが相手に伝わらないので、仮に断られてもダメージを気まずい空気になりません。

▲目次へ戻る

初めてデートに誘うなら「食事一択」でOK

次に気になるのは、デートの場所です。

テーマパーク、水族館、映画など様々な候補が挙がりますが、どこが良いと思いますか?

根本
根本
結論を言うと、初めてのデートは「食事」がオススメです。

テーマパーク、水族館などは拘束時間が長い印象を与えるため、断られる確率がグッと高まります。

一方、映画デートは拘束時間が短いものの、暗い場所に二人で出かけるので女性に圧迫感を与えてしまいます。

そういったリスクを排除したデートこそ、「食事」なのです。

食事は女性の好みにも合わせやすく、長くても少々2時間程度。(ランチだと周りも明るい)

女性は比較的軽い気持ちでデートの誘いを受けやすくなります。

テーマパーク・水族館で長時間に及びデートをしてしまうと、女性は男性の悪いところに気がつきやすくなります。

食事だと長くて2時間ぐらいです。テーブルに座った状態ですし、事前にお店もリサーチすれば、ネガティブな要素を極力排除できます。

最初のデートの誘いは、「食事一択」でいきましょう。

▲目次へ戻る

ディナーにこだわらず、ランチに誘おう

さらにデートの誘いをスマートにするなら、ぜひ「ランチ」に誘ってみましょう。

根本
根本

食事と聞いて、ディナーをイメージする人は意外に多いかもしれません。

ただ、いきなり夜に二人で出かけることに抵抗を感じる女性も一定数います。

そこでオススメは、最初のデート場所を「ランチ」にすることです。

明るい時間帯だと女性もどこか安心感があり、誘いに応じる確率が跳ね上がります。夜に予定があっても対応できますし。

デートに誘いづらいなーと感じたら、最初はランチでいきましょう。

▲目次へ戻る

【デートに誘う前に】気まずくならない予防策をお教えします

女性にとって「デートに誘われる」行為は、男性と1対1になることを意味します。

興味のない人からのお誘いは女性にとって重く、最悪の場合、気まずくなります。

そんな事態を防ぐために、ここでは予防策を解説。

LINEで誘うのは危険。なるべく対面で誘うべし

もしも後輩女性と普段接するチャンスがあるなら、ぜひ対面で誘うようにしましょう。

理由は、LINEで誘うと「断られる」確率が一気に高まるから。

LINEだとメッセージを介した「誘い」になるので、女性に「考える」時間を与えてしまいます。

女性に迷いが生まれ、色々考えるうちに面倒になり、「誘いを断る」というパターンが多発します。(LINEだと罪悪感なく断れます)

人は理屈ではなく、最終的には感情で物事を決定します。その場の「感情」や「直感」でデートの誘いに応じることも多く、対面はうってつけです。

また、電話で誘うのも注意が必要。関係性が構築できていない男性から急に電話があると、女性の警戒感が一気に高まります。

【対面が無理なら】LINEでしっかり関係性を構築すべし

とはいえ、普段から意中の女性と会えないケースも多いかと思います。

対面でデートに誘いづらい状況として、

  • 街コン/パーティーで知り合い、連絡先をゲットした女性。
  • マッチングアプリで知り合った女性
  • 職場は一緒でも、部署が違うため顔を合わせる機会が少ない

などが挙げられます。

こういった場合はどうすればいいか?

答えをいうと、LINEでしっかりと関係性を構築できればOK。関係性を構築せずLINEで突撃するとたいてい失敗します。

とはいえ、周囲の人間を巻き込まず、1対1の関係なら、仮に気まずくなっても良いという考え方もできます。そんな場合は思い切って誘ってしまうのもアリです。

LINEで関係性を構築するやり方は、次の記事でまとめています。LINEに苦手意識を持っている人は、読んでおきましょう。

【全公開】モテる男がこっそり使うLINEテクニック20選!段階別アプローチ法LINEテクニックが通用しない原因を徹底解明。うまく使いこなせない原因はズバリ「女性との関係性」を無視しているから。効果があるLINEテクニックのみ20選を全公開し、モテる男性の秘密を明らかにします。...

【こんな場合は即撤退】女性が断った後、代替日程について言及がない

女性をデートに誘ってみて、相手に好意がなければ一旦撤退すべきです。理由は、そんな状況で繰り返しデートに誘うと、「気まずく」なり、「嫌われる」からです。

では女性の好意の有無はどこで判断すれば良いでしょうか。

ズバリ、女性から代わりの日程について言及があるかどうかです。

■女性から代わりの日程について言及がない

女性
女性
その日は予定があって。

せっかく誘ってもらったのにすみません。

男性
男性
あー残念!予定があったら仕方ないよ。

近々予定が空いてる日とかない?

女性
女性
最近仕事でバタバタしていて、予定がはっきりしないんです泣

■女性から代わりの日程について言及がある

女性
女性
その日は予定があって。

せっかく誘ってもらったのにすみません。

男性
男性
あー残念!予定があったら仕方ないよ。

近々予定が空いてる日とかない?

女性
女性
最近仕事でバタバタしていて泣

●日と●日なら予定空けれそうです♪どうですか?

女性から予定の代替日程について言及がなければ、女性との関係性構築がまだできていない証拠。一旦デートの誘いはやめ、関係性構築に力を注ぎましょう。

【デート前の準備】必ず知っておいてほしいこと

意中の女性をデートに誘う前に、必ず知っておいてほしいことが3つあります。

清潔感がないと、即ゲームオーバー

根本
根本
質問です。あなたは清潔感に全神経を注げていますか?

k

「彼女づくり」に悩む人には、ある共通点があります。

それは身だしなみや清潔感の軽視です。

清潔感が欠けると、そもそも女性から異性として見られません。
いくら恋愛ノウハウを学んでも効果が半減します。

第一印象で恋愛対象外の烙印を押されると、デートの誘いに応じてくれる確率がゼロに近くなります。

恋愛の土俵にも立てないという、厳しい現実が待ち受けます。

逆をいうと、清潔感を改善するだけで、恋愛対象として見られる確率が格段に上がります。

誰でも爆速でモテる見た目に変身できる方法を次の記事で紹介しています。清潔感は、全てのアプローチの土台となるため、必ず押さえておきましょう。

モテる雰囲気の正体を暴露。男の魅力が爆速でアップする方法5選「イケメンじゃない」「体型がぽっちゃりしている」それでも女性からモテる男性の秘密を解説。女性が求める見た目の秘密は「モテる雰囲気」でした。髪型、服装、アイテム、仕草を一工夫するだけで、誰でも男の魅力が爆速アップする方法を解説。...

▲目次へ戻る

デートを重く受け止めない

「デート」という言葉を重く受け止めるほど、失敗確率が高まります。

「年上として、しっかり女性をエスコートしなくちゃ」

「断られたらどうしよう・・・」

「女性が喜ぶデートプランを考えなきゃ」

こんな考えが頭をよぎり、肩に力が入ってしまい、なぜかぎこちない印象が女性に伝わってしまうものです。

この記事では便宜上、デートという言葉を使っていますが、読者の方は「軽く食事に行く」ぐらいのマインドに切り替えましょう。その方が自然体で誘いやすくなりますし、オススメです。

▲目次へ戻る

【例外】婚活パーティーや街コンは速攻でデートに誘うべし

例外的なパターンを一つご紹介します。

婚活パーティーや街コンで知り合った相手なら、速攻でデートに誘いましょう。

不特定多数の男性が参加しているため、スピードを欠いた動きでは遅れをとってしまいます。会ったその日に食事に誘うぐらいのマインドがうまくいきます。

仮に拒絶されたとしても、基本的に一期一会の出会いなので、日常生活にも支障は出ません。少々アプローチはショートカットしても良いので、速攻でデートの約束を取り付けましょう。

【年上男性の特権】年下や後輩女性を口説きやすい

恋愛/婚活で年上男性はとにかく有利です。

今まで100名以上の恋愛/相談を受けています。

共通して言えることは、年上男性はちょっとした意識の変化で見違えるほどにモテだすということ。

女性が年上男性に抱くイメージ
  1. 頼りがいがある
  2. 知識が豊富
  3. 経済的にも安心感がある
  4. とにかく年上男性と付き合いたい
  5. 結婚を意識できるので、真剣に付き合える

根本
根本
年上男性というだけで、とにかく有利ですね。

とはいえ、年上にも年齢差に限界があります。

ここで、男女の年齢差に関する興味深いデータをご紹介します。

下の図は女性が考える「男性と交際できる」年齢について調査したものです。

これを見てわかることは2つです。

  1. 女性は年下よりも年上男性の方が受け入れやすい
    →10歳差までは問題なし
  2. 20代女性にとって、20代〜40代男性は交際相手としてストライクゾーン

参考:ブライダル総研調べより著者作成

僕の見解では、45歳ぐらいまでは身だしなみを整えれば、20代女性と付き合うことは可能です。45歳を超えると、女性との年齢差が大きくなるため、少々難易度が上がりますが、チャンスはあります。

年上男性は、経済力や大人の雰囲気を武器にしやすいため、とにかく年下女性を口説きやすいのです。

▲目次へ戻る

【デート当日】年下や後輩女性とのデートで守るべき3つのルール

ここからは補足情報です。

記事のテーマは「誘い方」ですが、デート当日に実践すべき3つのルールをご紹介します。

相手の興味や関心を徹底的に掘り下げよう

独りよがりに自分の話ばかりすると、女性は退屈します。とにかく、相手の興味や関心を徹底的に掘り下げましょう。

人は自分の興味のあることに関しては、喋りたいもの。限られた時間で良い印象を与えるためにも、女性の興味あるテーマに絞って、どんどん質問すればOKです。

優秀な営業マンはトークの比率で、話す「2割」、聞く「8割」を実践していると言われます。「傾聴力」が高い人物像です。

売れないセールスは、ついつい自分の商品の魅力を伝えるために自分のことばかり話してしまいがち。女性の考え方や興味のあることが判明すれば、あとはしっかりと聞いてあげましょう。

▲目次へ戻る

デート中に次の約束を取りつける

デート中にやるべきことがあります。

ズバリ、「次の約束を取りつける」です。

ポイントは「デート中」です。帰宅後に改めて次の約束を・・・という意識は捨てちゃいましょう。

時間が経つにつれ、女性の気持ちは落ち着きを取り戻し、冷静になります。そんなタイミングで男性から次回のデートの誘いが来ると、

女性
女性

楽しかったけど、なんかめんどくさいな……今回はお断りしよう。

ということになりかねません。

「鉄は熱いうちに打て」が大事です。

▲目次へ戻る

デートの3回目でサラッと告白する

女性と何回もデートを重ねる男性がいますが、ぜひデート3回目で好意を伝えるようにしてください。

女性が男性に興味を持っているのにも関わらず、男性の煮え切らない対応が続くと……

女性
女性

毎回、何の目的でデートに誘っているの?よくわからないわ。

と女性側のテンションが下がっていき、距離を置かれる危険が高まるのです。

女性が1対1で男性と食事に行くにはいくつか理由が考えられます。

  1. 寂しすぎて単なる暇つぶし
  2. 彼氏候補でなく、完全に友だちという認識
  3. もう少し男性のことを知りたい
  4. ちょっぴり異性として意識している
  5. 男性のことが好き

根本
根本

1番と2番に関しては、まだまだ交際に程遠いですが、3、4、5番は脈ありです。ここの見極めは正直難しいのですが、デートに誘えている以上、しっかり好意を伝えるべきです。

オススメはデート3回目で女性に好意を伝えることです。好意を伝えるとは、ズバリ告白をして正式に「彼氏彼女」の関係になるということ。

告白というと、重たい印象を持つかもしれません。しかし、僕がお勧めするのは、サラッと告白すること。

「付き合おう」の一言で充分です。

1回目に好意を伝えると、「遊び目的」に思われるリスクがあります。2回目はまだ女性の心の準備が出来ていないかもしれないので、無理をしないのが無難です。

最適は3回目で、仲も深まりつつあるこのタイミングでサラッと告白しましょう。

アプローチに慣れてくると、デート2回目でOKです。変に3回にこだわる必要はありません。

根本
根本
たった3回で!?と感じるかもしれません。そもそも3回もデートに応じてくれる女性は脈ありの可能性大です。自信を持ちましょう。

4回、5回とデートの回数を重ねていくと、マンネリしていく恐れがあります。やはり「鉄は熱いうちに打て」精神ですね。

告白に関する情報は次の記事でまとめています。

年下女性への告白を成功させる!知っておきたい7つの常識年下女性へ告白を成功させる秘密を専門家が解説。職場や婚活市場で出会う年下女性は増えてきます。年下女性の恋愛対象とは?「準備」、「方法」、「タイミング」、「場所」についての基本を学べます。告白する前に必ずチェックしてください。...

▲目次へ戻る

まとめ

今回は、後輩、年下女性とのデートの誘い方について解説しました。

年下女性は、大人な男性を求めています。

デートという言葉に囚われる必要はありません。年上男性であるあなたは、身構えずただ「今後ご飯に行こう」と伝えるだけです。

大事なポイントを厳選したので、ぜひ何度も読み返して実践してもらえると嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

↓↓すでにゲットしましたか?(期間限定)↓↓

【最後まで読んでくださった方へ】お知らせ