人生が終わる!?ガリクソンさんと学ぶ飲酒運転を防ぐ方法をまとめてみた




1:飲酒運転の刑罰
 ①刑罰とその歴史
 ②民事訴訟|保険は適用できるの?
 ③車両提供者や同乗者に対しての罰則
2:飲酒運転を防ぐ方法

 

飲酒運転に対する罰則は年々厳しくなっています。
現在では、運転した本人以外の同席者や、車両提供者、お酒の提供した人にまで責任が問われる時代になりました。

 

大手飲食チェーン店から町の居酒屋まで、最近では飲酒運転の禁止ポスターはよくみかけますね。

今回は、そんな飲酒運転についてまとめてみました。

 


 

1:飲酒運転の刑罰

①刑罰とその歴史

 

※現在の罰則

状態 刑罰 違反点数
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 35点(免取)
酒気帯び0.25mg
以上
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 25点(免取)
酒気帯び
0.15~0.25mg
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 13点(免停)

 

現状では飲酒運転で捕まった場合、よくて免許停止です。

数値が悪かった場合は免許取り消しになります。

・違反点数13点:免許停止90日
・違反点数25点:免許取り消しで2年間免許取れません
・違反点数35点:免許取り消しで3年間免許取れません

細かく血液中のアルコール濃度について取り決めがありますが、体内でどのぐらい消化されていてまだどの程度の残っているのかは、ほとんど「運任せ」になるかと思います。

少し昔まではお酒飲んでも車で帰る人はよくいましたが、最近ではかなり減少傾向にあります。

「警察庁交通局」の資料によると

1998年に「飲酒事故が21,061件」、「死亡事故が1,268件」 でしたが

2014年には「飲酒運転が4,155件」、「死亡事故が227件」にまでなりました。

ここまで飲酒運転による事故の件数が減ったのは「飲酒運転の法改正」による「厳罰強化」が大きく影響しています。

もともと道路交通法制定以降、飲酒運転には罰則が無かったのですが、これだと基準値未満の酒気帯び運転はしても良いことになってしまうので「1970年」に飲酒運転に関する罰則ができました。

その当時は

 

酒酔い運転   15点 2年以下の懲役または10万円以下の罰金
酒気帯び運転  6点 3月以下の懲役または5万円以下の罰金

 

と罰則の内容が今ほど強くなくその後、悪質な飲酒運転による事故増加を受けて

「2002年に罰則強化」


※2002年時点の罰則

状態 罰則 違反点数
酒酔い運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金 25点
免許取消
酒気帯び運転
0.25mg以上
1年以下の懲役または30万円以下の罰金 13点
免許停止
酒気帯び運転
0,15mg以上0.25mg未満
1年以下の懲役または30万円以下の罰金 6点
免許停止

 

この「2002年の罰則強化」により約40%近く飲酒運転による事故が減少したと言われています。

「1970年当時」と「現在」を比べても「酒酔い運転による罰則」は罰金だけでも 10倍 になっています。

そんな飲酒運転ですが。

もし「死亡事故」を起こしてしまった場合。

罪状 事故内容 事故
結果
刑罰
自動車運転
過失致死罪
注意を怠り、人を死傷させた場合 死亡
負傷
7年以下の懲役もしくは
禁錮又は100万円以下の罰金
危険運転
致死傷罪
アルコール又は薬物の影響により、正常な運転が困難な状態で自動車を走行し、人を死傷させた場合 負傷 15年以下の懲役
  同上 死亡 1年以上の有期懲役

※有期懲役について

有期懲役とは:基本的に1ヶ月以上20年以下の期間が指定される。
上記の表の場合、「15以下の懲役」だと「1ヶ月以上15年以下の懲役」で「1年以上の有期懲役」だと「1年以上20年以下の懲役」なので「負傷」の場合よりも「死亡」の方が5年重い罰則ということになる

 

②民事訴訟|保険は適用できるの?

まず、飲酒運転ですが基本的には「被害者」からすると「飲酒運転」であろうが「無飲酒運転」であろうが、被害を受けたことに変わりないので「保険の適用はできます」
「自賠責」と「任意保険」ともに適用できますので、「加害者に破産される」なんてことで損害賠償がなくなることはありません。

また、民事訴訟による損害賠償額ですが

死亡による判例の最高額が 「5億」 です。

人によって死亡時の金額が違うのはどうかと思いますが、基本的に裁判所は被害者の「年収や年齢」などから、損害を受けている金額を算出します。5億の場合は「年収5500万円で41歳の眼科開業医」でした。年収と残りの働ける期間から算出した結果5億らしいです。

 

③車両提供者や同乗者に対しての罰則

飲酒運転ですが、「同乗者」や「お酒提供者」にも同じように罰則があります。

 

状態 刑罰 行政処分
酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 最低3年間の
免許取消
酒気帯び0.25mg
以上
2年以下の懲役又は30万円以下の罰金 最低2年間の
免許取消
酒気帯び
0.15~0.25mg
同上 最低90日間の
免許停止

また、民事訴訟の対象にもなりこれまでの判例では運転者と「共同」で総額5170万円の損害賠償の支払いを命じられたものもあります。

 

 


 

2:飲酒運転を防ぐ方法

 

 

「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」とよく言われますが、飲酒運転で最近多いのが、

「飲んだ翌日にアルコールが検出される」パターンです。

アルコールの分解にかかる時間ですが昔は「4時間」といわれてましたが、最近では「5時間」と言われるようになりました。またこの「5時間」は「500mlで5%のアルコールを飲んだ」場合の計算ですので、アルコール度数の高いものを飲んだり、量が多かったりするとそれ以上に分解の時間がかかります。

最近では、お酒を飲んでそのまま運転する人はだいぶ減りあまり見受けられません。

多くは前日に飲んだお酒が残っていて検挙されるています。

本人は「お酒は抜けた」と思っていても検知器で反応すればそれは飲酒運転になります。

ーそんなご時世に飲酒運転を防ぐ方法ー

正直単純に。

・飲んだら乗らない

・飲むなら乗らない

・飲んでいる人がいれば無理やり代行を呼ぶ

・車で来ないように先に伝える

・飲んだ翌日は車に乗らない

・翌日に車に乗らないといけないのであれば飲まない

 

 

です。

飲酒運転に関しては、「これぐらい大丈夫か」と思わないことが重要かと思います。

その考えで人生を無駄にしてもいいならいいですが。

 

 

 

 

 

2017年05月16日