一期一会  ひねくれてアンサーソング

意味

茶道に由来し千利休(お茶のすごい人)さんが元の語源と言われる。
お茶会を開いた際に会った人とは二度会うことはないと言う考え方から転じて「生涯に一度しか会わないこの機会を大切にするようにする」と言う意味合いになっている。


ひねくれてアンサーソング

私はよく「世の中狭いもんですねー」と言う機会がある、
初めて会った人とたまたま共通の知り合いがいたり。たまたま食べに行ったところに知り合いがいたり。
会う気がなくても、案外何度も会える気がする。



ps.「一期一会」はあくまでも精神論なので、具体的にどうだのこうだの利休さんは考えて言ってないと思いますw


※このアンサーソングはとてもひねくれたサイト管理人の主観に基づき掲載しております。読まれたかたは「ひねくれてるなー」ぐらいの気持ちでご覧頂けると幸いですw
なお、この投稿に対してのご意見や別の捉え方などごさいましたら、どしどしご連絡ください(^^)


2017年04月11日