独身貴族と孤独死の運命とは。結婚はしなくていい?

独身貴族、、、、、

 

 

メリットとデメリットがありますよね


今回はそ んな独身生活を充実している皆様方に独身貴族のメリットとデメリットをお届けしたいと思います。

独身貴族とは
「お金や時間が自由に使える独身者を表す。もともとは実家暮らしで自身の趣味などに給料 の大半を注ぎ込んだ人を指していたが、しかし最近では独身というだけで既婚者の方々からすると貴族のようにお金を贅沢に使えるように感じる事から独身者の大半を指すようになった」

独身貴族の メリット
    デメリット

ーメリットー


1:お金の自由

結婚している人にインタビューをすると旦那さんは口を揃えて、

「独身時代に買いたい物は買っておいた方がいい」 と言う

バイク好きな旦那様にインタビューした際には、給与の関係でバイクなんて買えない。

と、おっしゃっていたのが少し寂しそうでした

その点、独身でいれば趣味や服装、食事まで1人分でいいのでお金に困ることもなく自由です。

結婚すると月の給料が30万円前後の方でも、お小遣いで2~3万円。お昼は晩御飯の残りお弁当なんてことは往々にしてあります。

子供ができると育て上げるのに 2000万 ~ 3000万 程のお金がさらにかかるので、自分にお金を使っていられないのも納得ですが


2:時間の自由

結婚すると休みの日も家族サービスなのはもちろん。

仕事帰りでも、育児の手伝いや家事の手伝いなど、奥さんが一人でできない部分をしないといけません。

もちろん、自身の趣味にかける時間もなく

仕事 ⇄ 育児 

の繰り返しです

その点、独身であれば休みは寝ていようが、遊んでいようが誰にも迷惑がかからず怒られません。

趣味への時間も作れ充実した時間をおくれるでしょう。


3:何事も一人で決断できる

家族ができると、一つ物を買うのも、休暇をとるのも家族の了承がないと揉め事のもととなります。

その点、独り身であればもちろん自由ですので何をするにも何を買うにも人に相談する必要もなく身軽に行動することができます。


4:死亡後の事を気にしなくていい

子供や奥さんがいると、自身が死んだ後の事まで考えないといけない為、保険に入ったり財務生理をしたり不動産などの所有名義について考えなおしたり、

死んだあとの家族にまである程度の責任が生じます。


5:新たな挑戦がし易い

結婚をすると自分の行動に対する責任が重くなる為、転職したり新たな挑戦をするのが難しくなります。

できちゃった結婚で若い年齢で結婚した知り合いがいますが、今の仕事がブラック企業で辞めたいけども養育費などを考えると転職が厳しいとのことでまだ勤務し続けてます。

叶えたい夢がある

そんな方は、独身の方がいいかもしれないですね。


6:恋愛の自由

結婚をすると別れてはいけない事はないですが、なかなか普通のお付き合いとは違い簡単に別れる事はできません。

もちろん、不倫もいけないので奥さんへの愛情がなくなり他に好きな人ができても動く事が出来ないです。

SEXレスなどで性交渉をしたくなっても他の女性とすると損害賠償が発生します。

独身であれば、二股していても婚約していなければ法律的にはさほど問題はないので身軽です。

飽き性の方は結婚はあまり向いてないかもしれませんね。


独身貴族の
 - デメリット -


1:孤独死の可能性

年間の孤独死者数は約3万人です。

割合では100人に1人は孤独死してるそうです。

死に際に誰もいない、急な発作が起こっても自分で救急車を呼べなければそのまま苦痛と共に死んでいかないといけない。

死後誰かが気づいてくれるまで放置され、腐乱状態でゴミのように扱われる。


2:老後の資金を一人で残す

老後の資金は約3000万円程かかるといわれてますが、実際は3000万円もあれば十分かと思います。

独身でお金が使い放題だからといって、老後の貯蓄をある程度していないと年を取ってからとても大変な目にあいます。


3:相談する相手がいない

年を重ねるにつれて友人とも会う機会は減ってきます、家族がいない人は何か悩みごとがあっても相談する相手がおらず。自身で悩み考え、答えを出さないといけません。


4:家事をしないといけない

病気にかかった時も自分でご飯を作り、洗濯をして薬を買いに行って治療しないといけません。


5:死亡リスクが高い?

未婚男性は既婚男性に比べて病気や自殺などを含めた死亡リスクが高いそうです。


6:身内からのプレッシャーがある

孫の顔が見たいなど、親は子供が家族ができて落ち着くまで心配しいています。

そのプレッシャーは家族にもよりますが、ある程度は覚悟しておかなければなりません。



他にも独身貴族の メリット と デメリット はあるかと思います

私は個人的に、若いうちにいっぱい恋愛して友人と遊んでから思い残すことなく結婚するのがいいのではないかと思っています。

2017年05月03日