退職したい、、仕方は?手続きは?給付金は?

 

ブラック企業」 最近よく聞くフレーズですが

サービス残業、パワハラ・セクハラ、就労規則を守らない、などなど様々なブラック企業があるかと思います。

そんなブラック企業に入ってしまって抜け出したい

普通の企業だけども退職したい

そんな皆々様どうかご参考にご覧ください

・退職の仕方
・退職後の手続きと給付金


<退職の仕方>

まず退職したい理由にもよりますが

新社会人の方、就職してからせめて1年間は相当嫌でない限り勤めましょう。

やはり転職する際に、根性がないと勘違いされてしまいます。

退職する際には

 「円満退職」 することを意識しましょう

なかなか上司に「辞めたい」とは言いにくいですが

バックれて突然来なくなるというのはやめましょう

バイトならともかく、正社員入社なのであればいろいろと手続きがややこしくなります。

辞める事を伝えるタイミング

注意すべきポイントは2点

いつ言うか と いつ辞めるか です。

 法律では2週間前に申し出れば辞められるとなっていますが、仕事の引き継ぎや有給休暇の消化、賞与のタイミングなどを見計らい 1か月~2か月前には伝えましょう。

有給休暇は会社の規則で何日以上の勤務で何日間の休暇が取れるか決まっていますので、退職する日付はそこも確認し最大限に利用できるようにしましょう。

たとえば2年程勤務し、有給休暇を利用した覚えがなければ約1か月程の休暇が取れる事が多いです。

有給休暇を消化している間に次の転職先を探したり、旅行に行ってリフレッシュしたりとできますので活用しましょう。

また、賞与がある場合、「辞めたい」と先に伝えると賞与で貰える金額が下がる可能性がある為、貰ってから伝える様に計画しましょう。

もし、精神的に余裕があるのであれば、会社の忙しくない時期に辞めるように時期を調整するとより円満退職に繋がるでしょう。


退職する理由をどうするか

人間誰しも ホンネ と タテマエ があると思います。

ホンネでは会社の上司が嫌いであったり、会社の事業方針が気に入らなくても

「あなたが嫌いなので辞めます」 と言う人はなかなかいないでしょう

退職理由が会社側に伝えても差し支えない場合はそのまま伝えるのがいいですが、そうでない場合

退職時に円満退職する為に言う理由として多いのは

・将来やりたいことができた
  例)今の職種と違い、○○な職業に昔から興味があり、この度はそれに挑戦しようと思っています。

・家族の介護の為に、実家に戻らないといけない
  これは家が遠く、また会社の支点などが家の近くにない場合使えます。

この2つが鉄板だと思います。

ポイントは個人的な理由にすることです。

会社の給与が気に入らないや、この人が嫌いでなどを伝えると
会社側で改善して、一旦残って欲しいなど言われかねないですし、
円満退職からも遠ざかります。

あくまで、ホンネ と タテマエ は分けましょう。


また余談ですが

転職のエージェントにスカウトされた方は、エージェントの言うことをなんでも聞き入れないようにしましょう。
エージェントの方は、一人の人を転職させると採用会社から100万単位で報酬を貰います。
なので、不満をあおり 新しい会社のいい部分だけ伝える様な悪質なエージェントもたまにいます

なので、あくまでも儲けるためにエージェントをされている(ボランティアではない)と認識したうえでいろんな人の話を聞きましょう。


<退職後の手続きと給付金>

まず、「失業」 かどうかによって給付内容が異なります。

自己都合による退職」として会社を退職する場合は給付される金額が少なくなります。

失業給付について

「失業」の場合はすぐに給付が始まりますが、「自己都合による退職」の場合

退職後3か月は給付がありませんご注意ください。

また、病気やケガ、妊娠や出産、定年退職などは失業給付は受けられません

あくまでも

就職しようとする意志と就職するこのができる状態(健康な体)と積極的な求職活動が認められないと失業給付を受けることはできません

 給付金額については退職前に貰っていた給与の金額にもよりますが、おおよそ
給与の50%~80%が貰えます。
 ただし、1日当たりの支給額の上限があり
  30歳未満  6,370円
  30歳以上45歳未満 7,075円
  45歳以上60歳未満 7,775円
  60歳以上65歳未満 6,687円
 となっています

 また、給付期間は年齢や前職の勤務期間にもよりますので詳細はハローワークにご相談ください。(最大で約1年程ですが、半年ぐらいの方が多い気がします)

健康保険の手続きについて

3種類に分かれます
 1:任意継続健康保険
 2:国民健康保険
 3:ご家族の健康保険の扶養はいる

入らなくても裁かれたりした人は見たことはありませんが、一応は義務です。

1.任意継続健康保険
 前職の会社で健康保険に加入していて、2か月以上勤務している。
 退職してから20日以内に申請する
2.国民健康保険 
 お住まいの市区町村の国民健康保険担当窓口へお尋ねください。
3.ご家族の健康保険(被扶養者)
 ご家族が加入する健康保険組合にお尋ねください。

あと、保険料は日割り計算ができませんのでご注意下さい。加入日から月末残り1日でも月初でも同じ丸1か月分かかります。

あとは、失業期間が長い場合は(1年近く)確定申告で税金の返金があるかもしれませんので、自身の住所を管轄する税務署に聞いてみてください。






よく正義感をもって自分が辞めると同僚や他の社員の仕事が増えて迷惑がかかると思っている方がいますが、

あなたが辞めても会社はまわります。それを気にしだすとボランティアみたいなものになるので、仕事を引き継ぎある程度のところは妥協して退職するようにしてみてください。

 


2017年04月29日