あなたは大丈夫?最新の詐欺手口

本日、4/1はエイプリルフールですが皆さん普段から騙されたりしてないですか?

 

よくテレビで詐欺の手口について特集を組んでたりしますが

皆さんは真剣に見てますか?

警察庁のホームページによると

平成28年度の詐欺の件数

分かっている(報告されているものだけ)で

約28000件あります

被害総額は

約400億円

あなたは大丈夫ですか?



「必ず儲かる」

「値上がり確実」

「お金を送れ」

などなど

聞き覚えはないですか?

年々巧妙になっていく詐欺の手口です。

今回はそんな手口をご紹介して行きたいと思います。

1 警察官になりすます



世界的にみても多いこの手口ですが、

皆さんは突然、警察官が家に来て

「あなたの口座が(詐欺事件に)悪用されています」
「確認させていた頂いても宜しいですか?」
「やはりこの口座番号ですか」
「送金状況や口座の残高など詳しく経緯を確認したいのですが、暗証番号をお伺いしといていいですか?」

と目の前の警察官(になりすました人)に言われてしますと

自分が犯罪に巻き込まれてしまった

今後どうなるんだろう

など

不安が大きくなり、正しい判断ができなくなってしまいます。

警察官が家に直接きたりする場合

第一に 「警察手帳」を提示してもらいましょう



本物の警察官であれば、求められれば警察手帳を提示しないといけないぎむ義務があります。

第二に キャッシュカードを取りに行く際に、110番し、

今、自宅に警察官がきているが来ているが本物で間違いないか確認しましょう。


2 電子マネーを買いに行かせる



昔からアダルトサイトで使ってもいないのに突然、高額な金額が請求されることはよくありました

また、架空請求のメールなどもよく詐欺の手口であります

そんな中、最近ではコンビニで簡単に買う事ができる

「プリペイドカード」が詐欺に利用されています

今では銀行で高額の送金をする際は行員の方が利用目的を伺ってくれたり

それにより詐欺に気付き送金を止める事もあります

ただこのプリペイドカードはコンビニで簡単に購入ができ

また、カードに記載の番号を相手に伝えるだけでカード自体が無くても

相手方はその金額分を手に入れる事ができます

実際、コンビニでアマゾンやweb moneyなどを買う時にわざわざ利用目的を確認しません

中学生や高校生の思春期の時期についついアダルトサイトをwebで閲覧しワンクリック詐欺に合う事はよく聞きますが

今までは銀行で送金するとゆうハードルの高さから、自分では処理できず親に相談し

親が詐欺だと気付き送金せずに済んだ

この流れが

親に相談して怒られるのが怖く自分で解決しようと、学校の教材費や部活、習い事の費用を親から預かりコンビニでプリペイドカードを買ってしまう

後になって親が気付くパターンが多いです

実際に、そのまま親が気づいていないこともあると思います。

価格の確認が無く一方的に請求されることは法律で禁止されています。

身に覚えがない請求は周りに相談するようにしましょう。


<その他>

還付金詐欺、融資保証金詐欺、金融商品等取引名目詐欺

etc.

全てに共通して言えるのは

人生そんなに甘くない

「必ず儲かる」や「絶対したほうがいい」と言う人の事を

詐欺で無くても、「絶対」とゆう言葉は絶対に信用しないようにしましょう。

2017年04月01日